のんびりのび蔵の縁側日記 コウノトリ
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010初夏☆東京下町の旅【あやかりたい編】

先月の東京へのプチ旅行の模様を、気が向いた時にほそぼそとUPして
いきたいと思っているのですが、まずこれだけは外せない!という
「子宝祈願あやかりたい」編を。

昨夏に上京した際も訪れたかったものの、時間の都合で叶わなかった
水天宮。安産祈願があまりにも有名だと思いますが、子授けにも
御利益があるということなので、今回お邪魔してきました。

今日は大きめの写真でお送りしまーす。
2010052203.jpg

土曜日だったためか、境内は人でいっぱい。
さすがに妊婦さん率が高いですねぇ~。
幸せでほんわかした雰囲気がただよっていました♪
妊婦さんを見かける度に、「その妊娠菌、いただきます!」
心の中でつぶやいていたので 結構パワーを使いましたよ(笑)

2010052202_1.jpg

こちらが有名な「子宝犬」。
子犬の頭を撫でてから 自分の干支を撫でると御利益があるようです。
ダンナと私は 子犬も親犬もナデナデしてきました。
子犬の顔側からも写真を撮りたかったわぁ。

2010052208.jpg

そしてこちらが子授御守。
巫女さんが紙を差し出し フルネームと読み仮名を書くよう言われたので
何のためかしらん?とオドオドしながら記入したら、「明朝 お名前を
読み上げて祈願いたします」
とのことでした。
おおー、そんな素敵なシステムなんですねぇ。ありがたや~っ

水天宮は私の勝手な想像よりも こぢんまりとしていました。
おそらく、札幌の時計台を見に来た観光客の方と同じような反応を
していたと思いますわ、私ってば(笑)
でも私が近所に住んでいたら、絶対にしょっちゅう入り浸りそうだな~

水天宮に行くために訪れた人形町でしたが、ちょうどドラマ「新参者」
放映されていることもあって、街も「新参者」を猛烈に押していました。
私はその時まだ2話までしか観ていなかったのですが、ひとりで
「ここが人形焼きの重盛かぁ」「あ、お煎餅屋さんの あまからだ!」
などと盛り上がっておりました。
ロケやってたらよかったなぁ。でも楽しかったなぁ~♪
スポンサーサイト

3週間使ってみて。

先日ご紹介した、よもぎホットシートの使用後感などを簡単に書いておきます。
あくまでも ワタシの勝手な意見・感想ですので、ご参考までにどうぞ。


 ・温かくて安心感があり、気持ちが優しくなる

 ・たまーに 急に熱くなることがあってビックリする
  (が、低温やけど にはなっていません)

 ・妙な生温かさに「あら?今日生理中だっけ?」と何度か騙された
  (それも最初のうちだけで、慣れれば全く気にならない)

 ・持続時間は5~6時間とあるが、実際は一日中付けていても温かい

 ・温かいからとずーっと使っていると、ナプキンのウィング部分のテープが
  下着にくっついてしまい、洗っても取れない・・・(汗)
  そしてたまにカイロ部分の生薬が下着に染み付いてしまうこともある
  (単に長時間使いすぎだからと思うものの、温かいから勿体なくて・・・)

 ・身体の中心部が温まる分だけ、手足など末端の冷えが強調される感じあり
  (やはり簡易なものだからか、全身が温まるという訳にはいかないのかも。
  まぁ、極寒の北海道だからかもしれませんが)


良い点も悪い点もそれぞれありますが、トータルすると・・・

 もう コレ無しでは北海道の冬は乗り切れない!
 思いっきりハマっちゃったわぁーっ!!


という結論になりました(笑)

下着はそのうちまとめて捨てるハメになりそうな気がするけど(汗)、
ホットシートはあと1箱になっちゃったから追加注文しよっかなーニヤリ

よもぎホットシート♪

また少ーし 冬に逆戻りしちゃった今日。
昨日の懸念どおり、今日の歩道はツルツルのテッカテカでした。

『極寒の季節をぶっとばせ!第2弾』と称して、またアイテムをゲット!
今度は、またしてもワタシがこよなく愛読させていただいている
ブログ『一体コウノトリはどこにいるんだ?』で紹介されていた

よもぎ蒸し よもぎホットシート ですっ!

    

かねてから よもぎ蒸しには興味津々だったワタシですが、
なかなか勇気が出なくて行ったことがなかったんです。
さらにこの冬は 特に子宮辺りがスースーするなぁと感じていて、
その都度 一生懸命 Vゾーンを手のひらでさすっていたんですよねぇ。
心の中で「コマネチ!」と言いながら・・・(苦笑)

でも、これなら手軽に自宅でも職場でも 子宮温暖化に励むことができる!
そして、コマネチの呪縛からも解放されるかもしれない!!

ということで、張り切って注文。
そして先ほど届いたので 早速使ってみました~。

使い方は簡単。
よもぎを始めとしたハーブを染みこませたナプキン状のシートの下に
これまた よもぎエキスたっぷりのカイロを貼るだけなんですねぇ。

付け心地は・・・なかなかよい感じ♪
じんわーりと あったかくて、眠~くなってきましたよ~(うっとり)

3時間経った頃が一番温かく感じたかな。
そして、立っているより座っているほうが温かい気がするな。
デスクワークで冷えるわぁ、なんて方には特にオススメかも。
「発熱時間は5~6時間程度持続します」とありましたが、
今日は5時間くらい温かかったです♪

開封したときは よもぎの匂いが結構していたので
もしや、匂うかも!?と不安になったのですが、
実際に使ってみると 全く匂いはナシ。
これなら職場でも使えそうですわ~っ(安心)

さまざまな方法で、子宮温暖化に向けて がんばるぞぉ~っ

子宝犬とたわむれる

「西区の琴似神社に子宝を呼ぶ白い犬がいるんだって!」と
妹に教えてもらったので、さっそくダンナとふたりで行ってみました!
(妹・siroの記事はコチラ

雪がちらついてきたせいもあったのか、境内には誰もおらずひっそり。
猫が1匹歩いてきましたが、私たちには目もくれず去っていってしまいました。

まずは参拝をして、それから社務所で作業をされていた神主さんに
「犬に会いに来たんですが、会わせていただけますか?」と声を掛けてみた。

すると、奥からフサフサの白い犬・雪男(ゆきお)くんがやってきた・・・
で、で、でかいっ!もしかして、ジョリイでは!?

想像以上の大きさに 私もダンナもビックリ!
そして神主さんが、ガラス戸を開けてくれました!!

     2008122101.jpg    2008122102.jpg

フワフワのかたまりのような雪男くん、人なつっこいっ!
おとなしくて 一切鳴き声を上げず、撫でてもまったく意に介さないご様子。

か、か、かわいい~っ、かわいすぎる!
んもぉ、愛くるしい目とフサフサの毛に、メロメロじゃーっ


 2008122103.jpg

おとなしいけれどよく動く雪男くん。携帯ではなかなか上手に撮れなかった・・・
おまけに写真にすると小さく見えるけれど、体長1メートル20センチくらいは
あった気がします。こんなに大きいのにまだ3歳なんですって。
犬種はサモエド犬というのだそう。
触れ合わせてもらえたおかげで、とっても癒やされたぁ~

帰りに子宝の御守りも分けていただいてきました。
   2008122201.jpg
よく見ると、白い犬が刺繍されてるではないですかっ!
これまた可愛い・・・

また会いに行きたいなぁ~♪

模索する女

先週土曜の朝日新聞朝刊に、バースコーディネーターの大葉ナナコさんが寄稿を
されていた。「育児ファイル」というコーナーで高齢出産について書かれたものだ。

「妊娠したと言うと、『大丈夫なんですか』としか言われない。誰も
『おめでとう』と言ってくれない」。ある母親学級で、45歳の妊婦が
泣きながら訴えました。
 周りの過大な心配は、配慮としては伝わらず、ときとして「あなたには無理」
というメッセージになってしまいます。難産予備軍とでもみなした言葉かけや
視線こそ、妊婦の血中ストレス濃度をあげ、母子を不健康にするのです。
 日本では35歳以上の出産を高齢出産と呼びます。92年までは30歳以上が
高齢出産でした。
 現在、日本人女性の平均初産年齢は29.4歳。35歳になった途端、全例を
ハイリスク群のようにみなす扱いには根拠がありません。ちなみに海外では
お産を一定の年齢で区別せず、「高齢出産」という言葉自体もないのです。
 何歳の妊娠であろうと、体調の個人差は大きいものです。合併症の恐れや
持病がある場合など、医療の介入が必要なお産は全体の2割と言われます。
古今東西、リスクのないお産などありません。
 そもそも、妊娠は母体の健康度が高い時に成立します。新しいいのちの
始まりは、生命力が高い母子に起きるのです。
 「おめでとう。今のあなたから生まれてきたいいのちなのね」。妊婦は
その言葉を待っています。新しいまなざしと、心からの祝福が、少子化社会を
救うのです。


たしかに45歳の方の妊娠を聞いたら、私も思わず「大丈夫ですか」と
聞いてしまったかもしれないなぁ。
そして、「高齢出産」という言葉が日本にしか存在しないとは・・・。
あまり年齢に拘泥する必要はないのだと痛感。


が、しかし。
「もう中学生」のように『ためになったなぁ~~』と頷くかたわらで、
私にとってはちょいと引っかかる言葉が。

「新しいいのちの始まりは、生命力が高い母子に起きる」

私って・・・・・・、実は生命力が低い!?
たしかに、生きている実感をひしひしと感じるといったことは無い。
命をかけて頑張っていることも無いし、これと言った趣味も無い。
ハンドに情熱を傾けているダンナを、温かく(?)見守っているだけ。
私個人としては、漫然と生きているって感じ!?
結婚してからは、いつでも子どもに人生の主役を譲るんだぁ!と思うがあまり
特に趣味らしきものも作らずにいたというのもあるんだけど、これって
単なる言い訳にすぎないか・・・(汗)

うーーん。これではイカンのかもなぁ。
なにか生き甲斐を見つけなくちゃ、色んな意味でいけないのかも。

もちろん、これは大葉さんの意図するところではアリマセン。
ココに未妊の私が引っかかること自体、おかしいのかもシレマセン。
でも、なんだかちょっぴりショックだったんだよねぇ。

もう少し真面目に、自分の人生を生きてみようかと思います・・・・・・(苦笑)

映画「プルミエール 私たちの出産」

先週の土曜日に 妹と観てきた、映画「プルミエール 私たちの出産」
これは、ある皆既日食の日に出産を迎えた、五大陸10人の妊婦さんを追った
ドキュメンタリー。なかなか強烈な印象を受けた。

・イルカと一緒の出産を望むメキシコの女性。
・1日120人もの分娩数を誇る、世界最大のベトナムの病院で出産する女性たち。
・医師も助産師にも頼らず、友人達に見守られて自力で出産に臨むアメリカの夫婦。
・貧困にあえぎながら命がけの出産に臨む、インドの女性。
・出産直前までステージに立ち、病院で無痛分娩をしたフランス人ダンサーの女性。
・シベリアの自宅から病院にヘリコプターで移送され、赤ちゃんがあまりにも
 大きくなり帝王切開で出産したロシア人女性。

・5番目の妻として女の子の誕生を願う、マサイ族の女性。
・自分の母と同じように、吉村医院で昔ながらの介助出産を選んだ、日本の女性。
・夜の砂漠、慣例通り砂の上で出産に臨んだ、ニジェールの遊牧民女性。
・ブラジル・アマゾン川流域のジャングルに暮らす、カヤポ族の女性。

ところ変われば、出産のあり方も変わるものですねぇ。
異常なまでに潔癖な日本人の1人である私が見ると 明らかに不衛生なのでは?と
思えてしまうところでの出産もいくつかあり、「日本人でよかった・・・」と
全編を通して感じている自分がいたのは確か。
でも結局のところ、出産なんてどんなスタイルでもよいのだろうと気づいた。
どんな形であれ、産むという行為に大きな違いはないのだから。
無意味なこだわりや こうあるべきなどという凝り固まった考えは、
「出産」という人生の大仕事の下ではあまりにちっぽけだと思った。

ブラジルのカヤポ族の女性が 出産前にボディペインティングしてもらっている
姿はとても美しかった。ニジェールの遊牧民たちが砂の上で直に出産する
というのも最初は驚いたが、砂漠の映像を見ているうちに 砂の上というのは
とても誇り高い場所で 実は理にかなっているのではないだろうかという思いが
沸いてきた。

メキシコで イルカの泳ぐプールでの水中出産を扱っている助産師の女性と、
彼女の下で出産を選択するガビーをはじめとした妊婦たち。
この妊婦たちの出産シーンが映画全体を通して何例か出てきていたので、
これがこの映画の核となっているのだろうと思った。
のっけからイルカのプールでスルッと赤ちゃんが生まれてくる映像には
度肝を抜かれたが、イルカたちの優しい目を見ていると それだけで
身体が弛緩してきているのを感じた。イルカ効果って、ありそうだよなぁ。

ただ、水中出産が何例も出てきて、フリーバース(医療従事者の介助無し出産)を
取り上げているからといって、この監督が『自然出産崇拝論者』というわけでは
なさそうだ。
ベトナムの病院での出産数があまりに多く、はじめは無機質で機械的な印象を
受けていた私だったが、出産に立ち会っている医師が 割とおおらかに出産と
向き合って自然の事象にも敬意を払っていたため、最初の印象は払拭された。
またフリーバースに臨んだアメリカの夫婦は、無事に男の子を出産したものの
3時間経っても胎盤が出てこず、友人に手で引っ張り出してもらっていたし。

どんな出産でも、リスクはある。
でも、自分が信頼し納得した方法であれば、何でもよいのだと思った。
そんな中でも、イルカとお産の家(吉村医院)が、やはり魅力的だったなぁ。

また、先進国では共通して 旦那さんも一緒に出産に臨んでいたのが印象的だった。
場所の影響もあるけれど、時代によってもどんどん形態は変わるものだよねぇ。

この映画の監督は、なんとフランス人男性。
てっきり女性だと思っていたので、それにもまた驚きでした。

映像が次から次と変わるので、正直言ってあまり落ち着いて観てはいられません。
おまけに誰が誰なんだかさっぱりわからなくなるし。
でも、頭を空っぽにしてこの映画に触れるだけで、今までの固定観念から
解放されること請け合いです。

シベリアの女性もその旦那さんも、産まれてきた大きな赤ちゃんも、
どうしても「朝青龍関」に見えて仕方なかった・・・(笑)
ロシアでは、赤ちゃんを固定するためか これでもかこれでもかと
何枚もの布でグルグル巻きにしていたのが、館内の笑いを誘っていた。
なんだか「朝青龍のこけし」みたいでかわいかったな。

うまれたての赤ちゃんが、シアバターでも塗っているように白かったのも
印象的でした。へその緒が、肌の色に関係なくみんな白くて太いことも。

嗚呼、出産がしたいっ!!

北近畿の旅/其の壱

其の壱では、コウノトリに関することのみ書いておきまーす。

10月8日(日)
この日は城崎温泉に宿を取っていたので、城崎に向かう途中で
豊岡にあるコウノトリの郷公園に立ち寄りました。
見に来る人はそんなにいないんだろうなぁ、と勝手に想像していた
のだけれど、着いてみてびっくり。
駐車場に入るのにちょっとした車列ができていて、誘導員のおじさんが
数人いるではないですか!

予想以上の盛況ぶりに嬉しくなりつつ、公園内へ!
2006101107.jpg

入ってすぐにあった園内図の下に、気になる案内が。
2006101106.jpg

建物の中に入ると、まずは剥製のコウノトリさんがお出迎え。
2006101108.jpg


そして、いよいよご対面の時!!!

2006101109.jpg

本物のコウノトリさんたちです!!!!

こんなに間近で、こんなにたくさんのコウノトリさんたちに会えるとは
思っていなかったので(そもそも本物は見れないものだと思ってたし)、
感激しました~

コウノトリさんたちの姿を見ながら、ブログのお友達や実際の友達、
そして全てのコウノトリ待ちをしているみなさんのもとに、コウノトリさんが
やってきますように
と、微力ながらお願いをしてきました。
(もちろん我が家にも!)

たっぷりコウノトリさんの姿を拝んだあとは、お土産を物色。
2006101113.jpg
(左)天橋立・文殊堂の子宝お守り (右)コウノトリストラップ


10月9日(月)
城崎温泉を出立して、神戸の奥座敷・有馬温泉へ。
去年の8月に国体のプレ大会で神戸を訪れたときに 子宝祈願をしていただいた
湯泉神社に、報告と新たなお願いを胸にお参りをしてきました。
(この湯泉神社は、子宝神社としてネットで紹介されているんです)

300段弱(だったかな?)の石段を登り、境内に。
2006101112.jpg


2006101111.jpg
こぢんまりしているけど、ここもお気に入りの神社です。

絵馬を書いてお願いしてきました。
今回も、たくさんの子宝を願う絵馬が掛かっていました。


おまけ。
コウノトリの郷公園にあったポスト
2006101110.jpg
ハガキでも出せばよかったかな?

おめでた続き

のび蔵の周りでは、このところおめでたラッシュで花盛り

まず、ともちゃんが、今日 無事に心拍確認されました!
ともちゃん、おめでとう!
ともちゃんは人一倍がんばって治療していたから、私も心から嬉しいです。
不安はあるかもしれないけど、ゆったりまったりと妊婦ライフを送ってね!

そして、クルルちゃん
本日ブログの更新があり、本人とオマメの無事が確認されました。
クルルちゃん、おめでとう!
動きたくて身体が疼いても、とりあえずゆっくりするんだよーっ!

さらに、kanoさん。先日妊娠検査薬で陽性反応が出ました!
kanoさん、おめでとう!
今周期は毎日注射に通って大変そうだったけれど、本当によかったね!
娘さんもいての妊婦生活は これまた大変そうですが、ゆったり過ごしてくださいね~

最後は、リアル友達のM(K?T?)ちゃん。おめでとう!
相変わらずくだらない心配ばっかりしてるみたいだけど(笑)、どっしり構えてねー!
遠くからだけど、応援してるよっ!

みんな、元気に親子の対面ができますように☆

ご到着!

10日目:36.08℃  
アクトス錠15 朝食後0.5錠
 補中益気湯 朝夕食前1袋
特に自覚症状はなし
       *     *     *     *     *

検査薬ズ、届きましたぁ~!
おととい17時半に振り込みをして、今日の14時頃には我が家のポストに
こうのとりさん、ありがとうございました
1本150円で安いし、対応は迅速だし、ホントにありがたいねー。

とここまで書いて、今ごろ 同封されていた説明書を読んでみました。
と、そこには衝撃の事実が!(←大袈裟?)

排卵日検査薬の説明書に、朝一番の尿では検査しないでくださいって書いてある~!
「最適だとされているのは14時前後と言われていますが、10時~20時の間であれば
いつ検査しても構いません。また毎日ほぼ同じ時間帯に検査するのをお勧めします。」
だってーっ!

朝イチはダメなのね~ いつも朝イチで検査してたから、いつにしよう?
仕事から帰ってきてからにしようかな。
うん、そうしよう。(←びっくりした割に あっさり決まった)

早期妊娠検査薬の方は朝イチでもよいみたい。生理予定日以前に検査する場合は、
尿中hCGの値が日中より高いので 朝イチの方がよいそうです。

どちらの場合も、紙コップに取った尿に3秒間浸すとあるので、紙コップは
切らさないようにしなくっちゃ。実家に帰る時は要注意だわね。


さて、ひさしぶりに子宝草の写真をしときまーす。
060414-223728.jpg

現在11コの子株ちゃんたちが出てきてます
この子株ちゃん、根っこが出るまでは 親葉についたままにしておいた方がよさそう。
不用意に触れて落ちちゃった子株ちゃんは、まだ根がついてないので。。

よい願いが叶う町?

5日目:35.87℃  
アクトス錠15 朝食後0.5錠
 補中益気湯 朝夕食前1袋
 セキソビット100mg 朝昼夕食後2錠
1日おいて ダラダラモード(グレムリン期)に入りました。
       *     *     *     *     *

だいぶ前に、道新(北海道新聞)にこんな記事が載っていた。
後志支庁の余市町が、最近『よい願いが叶う町』として紹介されているんだとか。

なんでも 余市町内の神社や文化財の頭文字をつなげた名所巡りをした方から
「願いが叶った」と役場に十万円の寄付があったそうな。

寄付をしたのは札幌市南区在住30代後半の男性、鈴木さん。
鈴木さんから役場に届いた手紙によると「各神社と施設をまわり、スタンプを押した
ところ、競馬の万馬券や懸賞の海外旅行が当たり、結婚8年目で待望の子を授かった」
と書いてあったそう。

そこで、私たち夫婦も「鈴木さんにならえ!」とばかり、先々週の土曜日に
余市の名所巡りに行ってきましたぁ~☆
(すっかり書くのが遅くなっちゃったけどね・・・えへへ)

続きを読む

大きくなったよ~

我が家の子宝草 生長記録です。

昨日(4/3)の様子
全体像はこんな感じ。大きくなったでしょ?
060403-223053.jpg

おっ、子株が2枚葉になってる!(右上の葉)
060403-222751.jpg


今日(4/4)の様子
あれ?子株が消えたぞっ!
060404-212408.jpg

テーブルに落ちてた~っ
pic_0209_1.jpg

おめでとう!

おともだちのBlueStarさんが、陽性判定胎嚢確認されました!
BlueStarさん、おめでとう

BlueStarさんには、私がガッカリして落ち込んでいる時に何度も何度も
励ましてもらいました!いつも本当にどうもありがとう
勉強熱心で前向きにがんばるBlueStarさんだからこそ、今回 コウノトリさんの
派遣が決まったのでしょうね
本当に自分のことのように嬉しいです

これからも無理をしない程度に、ブログにベビちゃんの成長記録を
綴ってもらえると、私も勉強&励みになるので、どうぞよろしくね!

本当におめでとう

子宝草がやってきた!

21日目(高温期2日目):36.64℃
アクトス錠15 朝食後0.5錠
 デュファストン朝夕2錠
 補中益気湯 朝夕食前1袋
特に自覚症状はなし

先週末 お友達のmelmoさん家に遊びに行き、
子宝草をいただいてきました~
060216-144729.jpg

子宝草はカランコエという多肉植物の一種。
成長すると葉の先に芽(子株)を次から次へとたくさんつけることや
繁殖力も凄いことから、赤ちゃんが欲しい方に大人気なのだそうです。

似てるとは思ったけど、やっぱりカランコエの仲間かぁ。
それなら育てるのも簡単そうでいいわぁ!

かわいがって育てまーす melmoさん、ありがとう!

「45歳、もう生んでもいいかしら?」久美 沙織

31543688.jpg

ともさんに教えてもらったこの本を、ようやく読み終えました~

結婚14年目、45歳にして初めて「自然妊娠」をされた久美さんの 妊娠・出産記。
世間一般の常識としては、マル高で危険とされる年齢であるけれど、久美さんは
あくまでも自然体で前向き、そして時に 妙に冷静(笑)。
久美さんのパワーをまるごと貰って元気になれるような、そんな素敵な本です。

おもしろかった!!これはオススメです!
文章は限りなく軽いタッチだし、私もできるのかわからない妊娠についてだけど、
素直に楽しんで読めました。
漠然と思い描いている妊娠について、かなり具体的で勉強になりました!

最後の出産の章を、タリーズコーヒーで読んでしまった私。
陣痛は痛そうなのになぜか笑える場面(この謎を知りたい方は
ぜひ読んでみて!)に、笑いを噛み殺すのにもう必死
出産の章を人前で読むのはやめましょう。

久美さんが陣痛の時に『イキミのがし』がうまいと看護師さんに絶賛された
というのを読んで、私も21歳で初めて胃カメラを飲んだとき看護師さんに
「上手ですよ~!」と褒められたことを思い出しました。
そんなん上手って言われても、実社会で何のメリットも無いじゃん!
って、私も思ったわ~

中1の頃、コバルト文庫が流行った時は氷室冴子さんばっかり読んでいて
久美沙織さんは名前だけで本は一度も読んだことがなかったけど、
20年経った今こうして読んでいるというのはとても不思議な感じ。
でもこの本は(妊娠できたあかつきには)私のバイブルになること間違いなしです!
私も久美さんのように自然体でいこうと思いました

第1部:これまでの経過

2004年2月~2005年7月まで通ったKレディースクリニックでの治療について
簡単にまとめておきます。    

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。