のんびりのび蔵の縁側日記 わたしの中のじいさん
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年。

世界が変わってしまった日から、1年が経ちました。
1年が経ったけれど、あの時から何が変わったんだろう・・・

もちろん、被災された方は一生懸命がんばっていらっしゃる。
却って 私の方が「がんばらなくちゃ」と勇気をいただくほど。

何も変わっていないのは、この国。
この国について思うと、怒りしか湧いてこない。
地震や津波の被害だけでも甚大で 傷跡は相当深いというのに、
起きないはずの原発事故まで起きてしまった。

事故さえなければ、まだ現状は分かりやすかったし、「絆」も
より深まっただろうと思う。それが、要らぬ偏見や差別を
生み、多くの人を恐怖に陥れ、故郷から引き離し、挙げ句の
果てに瓦礫の受け入れまで拒否される事態を引き起こした。

それなのに、収束だの再稼働だの、新たに建設だの。
冗談じゃない。今この現状を打開できない者が何を言うか。
やるんだったら、すべて解決してからにしてくださいよ。
それができないんだったら、人間の手に負えないモノからは
手を引いてくださいよ。

この未曾有の災害で、わかったこと。
国は思った以上にお馬鹿ちゃんだったということ。
もっと知識を得て、自分で判断し行動しなければならないこと。

本当にしんどい1年でした。
この辛さは、きっとまだまだ続くんでしょうね。

1年前、病床で地震に見舞われた私。
新聞もなく、テレビもテレビカードを購入して視聴して
いたので ちょっとずつしか見ておらず、古い携帯電話で
ネット環境も整っていなかったので、情報があまり入って
こない状況でした。とは言い訳にしかなりませんが、当時
テレビに流れる 政府の発表や御用学者さんたちの見解を
鵜呑みにしていた自分を、今では恥ずかしく思っています。
守るべき者がいる今、自分がしっかりしなくてはダメですね。
そして、怒るべき時はしっかり怒らなくては。

この国の政治がもう少しまともになって、政局争いや互いの
足の引っ張り合いを止め、一刻も早く被災地や被災された方の
気持ちに寄り添い行動することを、心から願っています。
スポンサーサイト

あきれてモノも言えん!

いやぁ~、世の中に腹立たしいことはゴマンとあるけれど、
久しぶりに はらわたが煮えくりかえってます。
ということで、久々に「私の中のじいさん」の発動です。

我が家は朝日新聞を取っているのですが、朝刊の3面に連載
されている『プロメテウスの罠』という原発事故関連の読み物が
非常に興味深くて、毎日欠かさず読んでいるんですよね。

これは様々な角度から 3月の原発事故や放射能について切り込んで
いるもので、「こういう記事をもっと早く読みたかった」と、
震災直後の報道や政府発表等を鵜呑みにしていた自分が如何に
能天気だったかということを気づかせてくれています。

私が腹が立って仕方がないのは、12月18日に掲載されたもの。
以下 要約してみます。要約しても長くてスミマセン。

東大理学部教授で物理専攻長の早野龍五(59)は、学校給食の放射能
検査を各地の自治体に提唱している。それは「学校給食を1週間分
まとめて検査し、費用は早野側で負担する」というものであった。

ところが南相馬市長にも提案したものの返事が来ないため、もと
東大医科学研究所の医師で 原発事故後に希望して南相馬市立病院
非常勤医師となった坪倉正治(29)に その話をした。
坪倉は市民の内部被曝の検査に力を入れている医師である。

坪倉は、市長と副市長宛てに「今後は食べ物の検査態勢の強化が
重要と考えております。ご検討いただけますと幸いです」との
メールを送った。それに対して、副市長の村田崇(37)から
11月14日に次のようなメールが届いた。

「特別職に対して原因を調べろという趣旨のメールになっています
から、私に対してはともかく、市長に対しては失礼極まりない・・・」
「市職員として最低限守るべきことは何なのかを再度見つめなおして
いただき、日ごろの業務にあたっていただければと思います」
「ご自身の責任や立場を踏まえられた行動をお願いしたい」

坪倉の要請には一切触れず、『職員の立場で特別職に指図するとは
何事か』
という内容の返事を送ってきたのである。
副市長の村田は、総務省から4月に出向してきたキャリア官僚だ。

この件について記者が取材を申し込んだところ、秘書課から
「この取材には応じないことになりました」と電話があった。
南相馬市の秘書課を直接訪れて再度取材を申し入れたが、秘書
課長補佐が「あくまで市役所内部の行き違いの話でしかない」と。
重ねて面会を求めると、秘書課長が出てきて「市立病院をいかに
守り、市民のために機能させていくか検討している最中なので、
いまは回答できません。それより、市役所内の話がどうして
外部に漏れたのか」
と話したという。


はじめのうち 私は、何度読み返しても副市長の村田からのメールの
意味がわかりませんでした。特にメールの最初の部分は何度読んでも
理解できないので、「もしかしてこの記者さん、文章が下手なのでは?」
と記者の方にあらぬ疑いをかけてしまったほど。

一民間人と南相馬市の特別職さん並びに秘書課の皆さんとの間には、
それだけ大きな隔たりがあるんですよね。

はたして、公務員がそれでいいのか?
一体どっちを向いて仕事をしているんだ!?

特にこの有事に、しかもこれだけ被害を被っている土地の
特別職が、さらに市民が一番心配していることに対して、
こんな認識しかなく こんな対応しかできないなんて。
(ってか、「特別職」ってなんなのさ!!?)

南相馬市とは何の関係も無い私ですが、「そんな不届きな輩は、
今すぐ辞めちまえ!!」
と 罵倒したい気持ちでいっぱいです。

まだこの連載は続いているので、その後 南相馬市がこの検査の
提案を受け入れることにしたのかどうかはわかりませんが・・・
少なくとも今日21日の段階では お隣の相馬市の話題に移って
しまい、南相馬市については触れられていません(苦笑)。

まぁ、もとはといえば こういう事態を引き起こした事故が
悪いんでしょうけれどね。
どこかの首相が収束を宣言したようですが、一刻も早く本当に
収束してくれることを祈りつつ、私個人としては とにかく
子どもを守ることを第一に考えていかなくてはと思います。

おっと、この記事をどう収束させたらよいかわからなくなり、
話がすり替わっちゃいました~っ

ったく!!!

ちょーっとちょっとちょっと、奥さん聞いて!!
ひさびさの じいさん発動ですYO!

いやぁー テレビを点ければ、連日飽きもせず相撲協会のこと
ばかり垂れ流してますよねぇ。
野球賭博の詳細ルールなんて、フツーの一般ピープルには縁がない
話なんですから もう少し報道の規模を縮小して、明後日に迫った
参院選のことをもっと詳しく報道してくださいよっ!!
まぁ、我が家は昨日すでに期日前投票してきちゃったんですケド・・・(笑)

   *   *   *

ま、今回のじいさん発動は、こんな話じゃーありません。

何度かみなさんにも聞いていただいたことがありますが、
我が賃貸マンションのゴミ問題についてなんですーーーっ!

続きを読む

母のありかた

先週の金曜日、私がどうしても仕事を休めなかった日の話です。

これがじいさんネタに該当するかどうかは謎ですが、ちょっと考えさせられる
ことがあったので、このカテゴリーに入れておこうと思います。

続きを読む

困っちゃう♡

タイトルに♡なんぞ入れてみましたが、
内容は久々の「じいさん発動モノ」です(てへっ)

昨日はサラッと書くにとどめたゴミ問題でしたが、
全然解決していなかったーーっ!

【ワタシが見た 昨日の帰宅時の状況】
・スプレー缶(我が町では燃やせないゴミ扱い) → 資源ゴミのカン用のカゴに
・ペットボトル(フタをはずしてペットボトル用の網袋の中に入れる)
   → フタが付いたまま 透明ビニール袋に入れられ、放置
・燃やすゴミ(鍵のかかる鉄製のゴミカゴに入れる) → 放置
・赤ちゃん用?の布団かマットレス(粗大ゴミ) → 放置
・なんだかよくわからないゴミ → 放置

ザッと見ただけでこんな有り様でございました。
で、運べるゴミはエレベーターの前まで移動させて、
さらにこんな貼り紙をしたんですがねぇ。。

 ペットボトル → フタをはずして網袋へ入れてください
 燃やすゴミ → 鉄製のゴミカゴに入れてください   などなど


今朝、私が移動させたゴミはすべてエレベーターの前から
なくなっていました。

「おっ?やればできるじゃん!」とウキウキしたのも束の間。
ゴミ置き場を見ると、カラスが3羽ほどゴミを漁っている・・・

まさか?と思ったものの、そのままダンナが運転する車に乗り込みました。
(毎朝、ダンナに職場まで送ってもらってるんです~)
と、ダンナがひと言、「ひどい」と。

【ダンナが見た 今朝の現状】
・ペットボトル → フタは はずされていたが、ビン用のカゴに入っていた
・燃やせるゴミ → 外に放置 → カラスが攻撃
・マットレスほかよくわからないゴミ → 引き続きそのまま放置

あまりに腹立たしくてクラクラしちゃいましたが、
仕事から帰ってくると マットレスほかよくわからないゴミ以外は
ありがたいことに業者さんが全部回収して行ってくれたようでした。
業者さん、ありがとう!お馬鹿たちが、スミマセン・・・

ホントーに、どうしたらいいんでしょう?
管理会社に電話して、ゴミ分別を強化してもらうべき?
これ以上、一住民が頑張る必要はない?

でもねぇ、またおかしな出し方してたら、
なにかしら抗戦しちゃうと思うんですよ。
なんてったってワタシ、根に持つスッポンみたいな女ですから・・・ヒヒヒ。

理解不能っ!

社会人になって14~15年になりますが、不覚にも
今日初めて職場で(同僚にだけですが)涙を見せてしまいました。

悔し涙です。

続きを読む

なんなんだっ!

いやぁ、ひさしぶり(でもないか)に じいさん出しちゃいますよ~。

ワタクシが何に怒っているかといいますと、太田農水大臣にです。
あ、今日辞任したから太田前農水大臣になるのかな。

5年前、早大サークルの事件をめぐって
「集団レ○プする人はまだ元気があるからいい」などとのたまい、

農水大臣に就任した後にも、中国製冷凍餃子事件など食の安全について
「消費者がやかましくいろいろと言う」とほざき、

その後、事務所費問題で騒がれ(農水大臣に選ばれる人には必ずついて回るのか?)、

事故米の件について
「人体に影響がないことは自信を持って申し上げられる。
だからあんまりじたばた騒いでいない」
と戯れ言を口にする。

ただのオッサンであれば『歯に衣着せず裏表のない素直な人』と、
もしかしたら評価されることが稀にあるかもしれません。
でも、この倫理観も理性も知性も無い単なる悪役顔のオッサンが、
国民に選ばれた国会議員でしかも農林水産省の顔だったなんて!

んもう、終わってますってば・・・・・・。

まったく、事故米が人体に影響が無いと断言するのなら、
アナタやアナタの孫に食べさせてみろっつーの!!
たとえ腹の中でそういうことを思ったとしても、
お口は頑なにミッフィーにしておけっつーのっ!
アナタの担当は、人間にとって大切な「食」なんだっつーのっ!!

しかも、辞任の時期についても納得がいかない。
引責辞任?アナタがいつ何をしたっていうのさ?
黙ってたって もうすぐ福田内閣は総辞職するのに、なぜ?

あぁ、本当にトップの方々はこの国を良くしようという気があるんですかねぇ?

福岡3区の有権者のみなさまにおかれましては、次の選挙ではぜひ
このお方に票を入れないよう、それだけを願っているのであります・・・

堪忍袋の緒が切れるまであと・・・

今日はひさびさの職場ネタでございます。
ハッキリ言って、愚痴でございます!

「のび蔵のくだらん愚痴なんかにつきあってられるかいっ!」
とおっしゃる賢明なそこの貴方におかれましては、
どうぞこのままスルーしてくださいまし・・・

続きを読む

な、泣けるぜ・・・

ある日の職場からの帰り道。

うつむき加減でトボトボ歩いていたワタシの目に、
あるモノがスーッと入ってきました。


それはとある美容室の前にありました。
ワタシがその前を通った17時半頃には
既にお店は営業を終えていた模様でした。

美容室の入り口の横には、
黒いスーパーのカゴが置いてあり、
中にはリュックサックらしきものが。


そして その黒カゴの上に、
ある貼り紙が。


その貼り紙を見た瞬間、
ワタシの足は自動的に止まり、
せつない気持ちでいっぱいになりました・・・


・・・・・・・・・・・な、泣けるぜ・・・。


  2008070401.jpg


牛乳ぬすまないで下さい おねがいします




コラーっ、どこぞのアホタレがぁ!
人ん家の牛乳、盗むんじゃなぁーいっ!
飲みたきゃ、隣の店で買ってこーいっ!!


どうか この貼り紙の効果がありますよう☆

まるでダメ男。

こんなにヒドいとは、夢にも思いませんでした。。。

なんのことって?
前にもご紹介した、ゲジまゆさんのことです。。。。

ぼやきにおつきあいくださる方だけ、続きをどうぞ。

続きを読む

新たなる刺客!?

今年の2月に 我が職場を引っかき回して とっとと退職したFさんの後任として、
4月からいらしている 御歳59歳のゲジまゆさん。

いま、このゲジまゆさんに職場のみんなが手を焼いております・・・。
(今回は毒吐いてます。そんな毒にもおつき合いいただける方だけ、続きをどうぞ。)

続きを読む

Fさん番外編

そんなこともすーっかり忘れていたけど、本日2月28日はFさんの退職日でした。

お昼ご飯を食べ終わって雑談していたら、
ケーキの箱を手に提げたFさんが、事務所に入ってきたではありませんかー!

「どうも、いろいろご迷惑をおかけしました。
 短い間でしたが、お世話になりました。ありがとうございました。」

みんなにお辞儀をしながらそう言って、Fさんは帰っていきました。

手みやげを持って直接挨拶に来たことだし、今後 偶然会ったら挨拶くらいしてやるか。
あくまでも上から目線の、のび蔵なのでした。

*4月から来る人が決まったのですが・・・、Fさん以上に期待できなさそうです。あはは~

Fさん最終章

先週末に書きたい出来事がいくつかあったのにもかかわらず、
今週はすっかりFさんに引っかきまわされた感じ
(今までの記事も、カテゴリーを「わたしの中のじいさん」に変えちゃおうっと)

ま、これでFさんネタも打ち止めと致したく存じます。
この先は私の勝手なストレス発散の場となっておりますので、
色んな意味でゆとりのある方だけご覧いただければと思ひます・・・

続きを読む

Fさん第2章

みなさま、お待っとーさんでした。
「嵐のような男・Fさんのその後」を綴らせて頂きとう存じます。。。。
(え?全然待ってないって?)

続きを読む

アリですか??

何度となく書いているけれど、我が職場は6人の小所帯。
うち2人が正職員、3人が契約職員、1人が春までの臨時職員という内訳です。
1人が欠ければ他の方に負担がかかるのは、誰が見ても明らかなんですが・・・。


ここにも何度か登場しているFさん(60歳・男性)が、やってくれました!

今日の昼間、電話口でお客さんに言われたことに激怒し、
「もういい」「やってられない」という言葉を残して

家に帰ってしまったんです・・・・・・・・・



はぁぁぁぁぁ??????

それって、アリですか????????

そんなの、聞いたことないんスけどーーっっっ



10代の血気盛んな子がカーッときて辞めちゃうとか、
そういうことならまだ「若気の至りだなぁ」なんて
理解してあげてもいいですけどね、
「60歳の薄毛の至り」とか、そんなんないっちゅーのっ!

なんでしょうねぇ。
それだけ年齢を重ねていると、妙なプライド&頑固さが出ちゃうんでしょうか。
たしかにそのお客さんは、偏屈で有名な会社の社長さんだったんだけど、
そういうときこそ年の功で、ムーディー勝山さんのように あっさり
「左へ受け流し」てくれればいいのにねぇ。

Fさん、このまま辞めちゃうのかな。
それとも明日、頭を掻き掻き現れるのかな。

・・・なんだかんだ言って、ひそかに楽しみにしているワタシです・・・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。