のんびりのび蔵の縁側日記 周期46/タイミング
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痒いーの・・・

いやぁ~ 寒いです、北海道。

ここ1週間ですっかり秋めいてきたとは思ってたけど、今日なんかは
9月をすっ飛ばして「10月か!?」と錯覚してしまうほどの肌寒さ。
8月なのに、羽織り物がないとやってられまへん。
我が家のミニトマトたち、まだ赤く色づいてきてないんですけど、
緑色のままで終わってしまうの!?
いやいや、ワタシの熱気で赤くさせてみせる!!



さて妄想的願望(?)はこの辺にして。
今日は、昨日の通院記録をつらつらと。

【8/23の診察】
排卵後、36.5~36.6℃と中途半端な上がり具合を見せていた私の体温。
「膣坐薬&デュファストンの効果が劇的に出ないなぁ」と、先生も首をひねり気味。

先生としては内診はせず血液検査だけで済ませる予定だったようだが、
「痒いんです・・・」の私の一言で、内診してもらうことに。

・排卵は終わっている
・内膜も白く見えていて、「排卵すると白く見えるんだよ~」と教えてもらった

・痒みについては、膣錠を2つ入れたので説明はのちほど(つづきに)


【8/23の処置・処方】
血液検査(E2、プロゲステロン、第12因子値測定のため)
8/24からさらに7日分の膣坐薬(←先生はプロゲと言っていた。院内処方)

【今後の予定】
生理が来なければ、9/6(土)頃に通院
生理が来てしまったら、周期13日目に通院
血液検査の結果は次回の診察時に

【8/23のお会計】
・診察:保険分3,620円 保険適用外(膣坐薬)2,400円

8/8に柴苓湯とバイアスピリンを28日分処方してもらったが、
「順調に服用していけば9/5には無くなってしまうので、生理が来てしまった
場合のために処方してもらえますか?」
とお願いしたところ、
「でも、生理が来なければ9/6には来てもらうんだしさぁ~。薬だけなら
待たせないで渡せるから、今回は処方しない方向で、どうだい??」

とものすごくポジティブな返事が(笑)
先生のおっしゃるとおり、希望を込めて今回は処方しないでもらいました。

つづきに「痒みの原因」について書いてますが、ちょっと生々しくなりますので
覚悟していただける方だけ、どうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

タイミング決定!

おととい、通院してきました。
妊婦検診以外の患者では2番目と早かったので、10時20分には
解放され、ラッキーでした~(死語?)

さてと。今日は淡々と要点のみ。

【8/18の診察】
・卵胞:18.8mm
・内膜: 9.1mm ←分厚いタラコのように、いつもより厚く見えた。
・頸管粘液:よし

「もうそろそろ排卵しそうだね~」の言葉の後で、
先生はこうおっしゃいました。
「(AIH)やるかい?」
あら?今周期は様子見ってことじゃなかったの、先生?
でも、チャンスがあればお願いしようかな?と思ったものの、
ちと不安がよぎり、
「今回、AIHはした方がいいと思われますか?」と尋ねてみた。
すると先生。
ちょっと思案したものの「うーーん。様子見ようか」と。
8/18・19の2日間、タイミングを取ることになりました。

黄体ホルモンの値が悪いことについては、デュファストンに加えて
膣坐薬を4日分使ってみることになりました。
(先日私が聞いた「もうすぐ使えるようになる<膣坐薬」という情報は
どうやら聞き間違いだった模様デス。失礼しました)

そして、ひとつ嬉しいことが。
7月11日から飲み始めたバイアスピリンの効果が出てきたようで、
「血の巡りが良くなってきたみたいで、内膜が厚くなってきたよね~。
いい感じだと思うよ」
と言ってもらえました。
堂々としたタラコっぽく見えた内膜、私が見ても惚れ惚れしたもんなぁ。
あぁ、よかったぁ。

【8/18の処置・処方】
HCG5000単位(排卵させるため)
8/20から10日間分のデュファストン
 8/20から4日分の膣坐薬(←薬名はわからず。院内処方)

【今後の予定】
8/23(土)に通院し、血液検査(第12因子&プロゲステロン値測定)

【本日のお会計】
・診察:保険分2,030円 保険適用外(膣坐薬)1,560円
・薬: 保険分920円



いまの先生は、あまり先のことは細かく決めないタイプなのかも。
産科がメインだということが大きいのか、単に先生の性格なのか、
『なるようにしかならないんだから、事前に気に病んでも仕方ない!』
という雰囲気がプンプンします(笑)
説明はしっかりしてくれるけど、意外と抜けているところがあったり
して、いままではそれを私が勝手に推測して自分を納得させていたけれど、
あまりそういうことはせずにニュートラルでいた方がよいみたい(笑)

ま、いまのところは 次回の血液検査の結果だけを楽しみにして
おこうと思います。って、血液検査はこれからなんだけどさぁ。

様子見。

北京オリンピックが開幕しましたね~
いま開会式で選手入場の真っ最中ですが、
式典の迫力には圧倒されて 鳥肌が立ちました!
さすが、チャン・イーモウ監督が演出を手がけられただけのことはある!!

北京オリンピックについては、様々な報道(どちらかというとよくないもの)が
多かったので、本当に開催できるのかなぁ・・・と心配していましたが、
あの式典を見たら「やるじゃん、中国!」と妙に安心しちゃいました。
ま、メインの競技はこれからなんですけどね・・・(笑)

それにしても、あれだけのものを発明した中国って、そういえば偉大な国
だったんだよねぇ。このところのイメージのせいで すっかり忘れてました。
ビバ・中国!(単純)


さて、今日から私の仕事は5連休。
ダンナと一緒に、金・月・火とお休みにしちゃいました。
といっても、ダンナは今日から富山に全国大会に行くために休みを取った
ものの、私は今年はお留守番することにしたので、一緒に休む必要は
なかったんですがね・・・。



で、連休初日の今日は、張り切って通院してきました。
でも、お盆前ということで混雑していたのか、8時半に着いたのに
結局呼ばれたのは11時でしたが(汗)
おかげで読書がはかどるはかどる。あんまり呼ばれないので、
思わず あまりにも本にのめり込みすぎて、自分が呼ばれたのに
気づかなかったのかと錯覚したほどでしたわよ(笑)

【本日の診察】
・卵胞:小さい
・内膜:5.6mm

前回(7/19 高温期6日目)の血液検査結果
   E2(エストラジオール) 109.4
   プロゲステロン      9 
 (10以上が正常)

  →どちらもあまりよくなかった模様・・・。特にプロゲステロンの方は
  デュファストンを服用していて この数値では黄体機能が弱すぎると。
  
  このままで妊娠に至るというのは難しく、黄体ホルモンの値を上げるには
  何らかの手を打たなければならないそう。
  方法としては、
   1. 排卵誘発剤を服用する(排卵後の卵胞=黄体なので、卵胞をたくさん
    作ることで黄体ホルモン値を上げようというもの)
   2. HCG、プロゲストンなどのホルモン剤を注射する
    (もうすぐ膣坐薬が使えるようになるらしく、それが一番効くそう)

  ただ、黄体ホルモン値がこれだけ弱いのに、ある程度高温になるという
  ことは、意外と体温が高くなりやすいのかもしれないと。

【本日の処方】
クラシエ柴苓湯エキス細粒 28日分
 バイアスピリン錠100mg 28日分

【今後の予定】
8/18(月)に通院

【本日のお会計】
・診察:保険分2,010円
・薬: 保険分3,450円

排卵期はダンナの応援で帯広に行くけど なんとかAIHできたらいいなぁ~
なーんて気楽に考えていましたが、先生としてはこの黄体ホルモン値を
見ただけで まずそこを改善しなければ無理!と思われたらしく、さらに
日程的にも厳しいと思われたのか、今周期は今後の方針を決めるための
様子見と判断されたようでした。

私としても、残念な気持ちがありながら 実はちょっとホッとしている
部分もあったりして。期待をしながらそれがなかなか叶わない状態
というのは、いくらのほほんとしている私にとってみても、少なからず
ダメージを与えていたのかもしれません。

黄体機能不全。
この言葉には、一番最初にかかった婦人科ですぐにお目にかかりました。
それほどこの言葉がネックになっているとは思わず、割と軽んじて
いたところがあるけれど、ここまで引っ張られるとは・・・
やはり排卵誘発剤にはお世話にならないといけないのかもね。
新しく使えるようになる膣坐薬というのも非常に気になるけれど。

とここで前の記録を見返していたら、排卵誘発剤+ホルモン剤注射の結果、
これらの値は意外と早く改善されたみたいだなぁ。
なーんだ。よし、少し希望が持てたぞ~っ

ま、今周期はお気楽な自己流タイミングでがんばりましょ。ね、ダンナ!

あいにくの雨。。

この週末は、ワタシの住む町のお祭りだったんですが・・・

見事に雨が降っちゃいましてね、
なんだか諸々の行事が中止になっちゃったみたいです。
今宵は花火大会だったんだけどなぁ、
たぶんこの調子じゃできないだろうなぁ。
こういう場合は順延してくれるのかしらん?
中止にしちゃうと花火が無駄になっちゃうしねぇ・・・

うーん、残念だ。



さてさて、10日ほど放置プレイを決め込んでおりましたが、
全く深い意味はございません。
ただ単にネタ切れ&時間切れでして。
(時間切れとは、家事に時間を取られすぎてブログに使える時間が
なくなったということ。すなわち、ワタシがトロいってことさ!)

そしてこの間しっかりリセットもしちゃっておりまして、
今日現在 周期8日目でございます。
前周期は やや低いながらも高温と呼べる日が12日間は続いたので、
ひとまずよい傾向といえるかな。

今周期は、排卵時期が ダンナのハンドボールの試合@帯広に重なる予定。
なんとかAIHに漕ぎつけられたら、それだけで御の字でございます。
気温に比例して低温期の体温も高めになってきたし、あまり前のめりに
ならずに淡々と、でもどこかに希望の光も持ちつつ やっていきまっせー。

とりあえず、近況のご報告でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。