のんびりのび蔵の縁側日記 周期52/AIH11回目
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン初戦敗退。

今回は、卵管造影後のゴールデン期間初めての周期デシタ。

低温期は27日間もあり、本当に排卵してくれるのか心配でしたが、
高温期に入ると低温期の低迷っぷりもすっかり払拭されて、
36.8℃台後半~36.9℃台とかなりよい感じで高温が続いていました。

なんだかイケそうな気がする~~っ

とちょっぴり吟じてみたりもしていたのですが(嘘)、そうは問屋が卸さなかった!

昨日36.15℃まで下がってしまい、ついさきほど赤いお客さんが来ちゃったよーがっくり
またしても先生の予言通りの4月4日。先生、すごい!
って、そんな感心したくなかったのにィーーっ (地団太を踏む)

はぁ。またしても駄目でしたか。
ヒトって、本当に妊娠するイキモノなのかぁー?(おいおい)

っつーことで、先生には次の通院時に転院する旨を伝えようと思います。
我ながら、ほんとに迷走してるなぁ。迂回しすぎか?


でもまぁ、それほど落ち込んではいませんのでご安心を。
明日は日ハムvs楽天戦を観に行くことだし、ココロもカラダもリセットするぞ
マー君が見られないのが残念だけど…。野村監督!マー君出してよーーっ!
スポンサーサイト

淡々と・・・

世の中は3連休とやらで、春の陽気に誘われて外出される方も多いようですね。
我が家は 私こそ翌月曜日までお休みの4連休ですが、
ダンナは今日の土曜日のみお休みの、まさかの連休なし。

そんな唯一のお休みである今日、AIHの為ダンナが病院に付き添ってくれました~。
といっても病院内で待つわけではなく、ひたすら車で待っててくれたんですが(涙)

【本日の診察】 周期29日目 AIH11回目
・卵胞:右 2つは排卵済み、1つはまだ残っている
・内膜:8.0mmはある

今日のAIHは全然痛くなく、スムーズに終わってよかったー。
ただ、終わったあと少し茶オリめいたものがありました。
なお、今日のお伴は カンロ飴&オーガニックハンカチタオルでした(笑)

【本日の処置・処方】
残り1つの卵胞を排卵させるため、hCG5000単位
 第12因子検査用採血
3/23朝から10日間分のデュファストン(朝晩2錠ずつ)
 ユベラ錠50mg 28日分

【今後の予定】
生理が来なければ:4/10(金)頃に通院
生理が来たら:周期5日目に通院(生理が来るとしたら4/4とのこと)

【本日のお会計】
・診察:保険分3,320円 保険適用外(AIH)5,000円
    ダンナ保険分1,150円
・薬: 保険分1,320円

今周期は3つ排卵すると思われる→黄体ホルモンが十分に出る可能性があるため、
膣坐薬による黄体ホルモン補充は今回やめてみることに。デュファストンだけ
服用して、高温期は通院しないことになりました~。あー、よかった。

なんだかんだ言って、結局今回もAIHしてもらっちゃいました。
低温期の途中は 全然卵胞が育たなくて半ばヤケになってたけど、
卵管造影もした直後だし、なんだかやっぱり惜しくなっちゃってね。

これで結果が出なければ・・・。
忙しい4月前半が終わったら、考えなくちゃねぇ。

なんとか!

前回、周期21日目に卵胞が全然育っていなくて若干やさぐれ気味だったワタシ。
ちょっぴり不安を抱えたまま、2時間有給を使って通院してきましたーっ

【本日の診察】 周期27日目
・卵胞:20mm程度のものが、左に1つ・右に3つ
・内膜:少なくとも7.8mm(簡単に測ったため)
・頸管粘液:少ない ←クロミッドの影響かな

【本日の処置】
HCG10000単位
エストリール錠1mg 朝夕食後1錠×3日分 ←頸管粘液を分泌させるため

【今後の予定】
3/21(土)にAIH

【本日のお会計】
・診察:保険分1,100円
・薬 :保険分390円

前回の通院時とは打って変わったタマゴたちの育ちっぷりに、安堵しましたわーっ
嗚呼、よかった。身体よ、がんばってくれてありがとう。


連休前ということもあってか、今日の病院は結構混み合っていました。
ちょっぴり待たされて疲れてしまったので、晩ご飯は久しぶりの平日外食に。
ごく最近 自宅近くに開店した居酒屋に行ってみました。

まだオープン直後で従業員さんたちも初々しい感じだったけれど、なかなか
サービスも味も良く、よい時間を過ごせました。
帰り際に「花輪や花束から、お好きなものをお持ち帰りください!」と声を
かけてくれたので、どれにしようかな~と迷っていたら、大好きな花を発見!

 2009031901.jpg   2009032001.jpg
     当日夜の様子          翌日はこんな状態に!

やっぱりオレンジのチューリップに惹かれるんだよなぁ~。
って、よく考えると もう少ししたらベランダで咲いてくれるハズなんだった・・・(汗)
ま、実際に咲いてくれるかはわからないから、まぁいいか。

のんびりしすぎじゃー!

もうそろそろ排卵時期だよなぁ~。今周期も一応AIHしてもらうかなぁ?
などと 期待で胸をふくらませながら通院してきました。

が…


【本日の診察】 周期21日目
・卵胞:左右ともに 12mm程度の大きさのものが1つずつ…
・内膜:4.9mm

なんと!卵胞は全然大きくなってないし、内膜も薄くなっちゃってる?

いつも排卵が遅めのワタシでも、さすがに21日目ともなると
それなりに卵胞も大きくなってくれているハズなんですが…
今回は、いつも以上にのんびりなようでした(泣)

なんつーか、テンション下がるわ~おちこみ

【今後の予定】
またまたまた1週間後(金曜日は祝日なので木曜日に)に通院

【本日のお会計】
・診察:保険分700円


かなり呆然としてしまったワタシでしたが、通院後に行ったライブで
ストレス発散してきましたっ!
その模様は、また別記事にて!

予測が立たんっ!

前回、周期7日目で卵胞が11.8mmだったのと 第12因子の数値が
よかったのとで、もうそろそろ排卵か?と発育を期待していたワタシ。
が、一昨日から試している排卵日検査薬がまったく色づかなくてねぇ。
ワタシの身体、どないなってますのん?と似非関西人になりながら通院してきました…


【本日の診察】 周期14日目
・卵胞:前回からあまり大きくなっていないようで、測ってももらえなかった(泣)
・内膜:6.0mm

「内膜は厚みが出てきはじめたけど、卵胞がまだまだだねぇ。
こんな時期からだけど、クロミッド飲んでみるかい?」
と先生。
一般的には生理3日目くらいから服用するものだけれど、こんな時期外れでも
意外と効果があったりするとのことで、今日から5日間、服用してみることに。
前の病院で一番効果があったのは『クエン酸クロミフェンF』でした、と
話してみたけれど、取り扱っていなかったのか クロミッドを処方されましたとさ。

【本日の処方】
クロミッド錠 朝夕食後1錠×5日分

【今後の予定】
またまた1週間後に通院

【本日のお会計】
・診察:保険分580円
・薬: 保険分720円


まぁね、普段から私の排卵期は20~22日目くらいだから、それほど卵胞が
育っていなくても、そんなに落胆することはないんだよね。うん。
でも…、なんだか読めないんだよなぁ…
ま、クロミッドに期待するかぁ。

安堵。

昨日、仕事が終わってから通院してきました~。

【2/27(金)の診察】 周期7日目

・レントゲンで確認したところ、前回見られた砂粒状のものはキレイに消えており、
 懸念された臓器同士の癒着などはないとのこと(前回 砂粒状に映っていたのは、
 検査からそれほど時間が経っていなかったためだったと考えられるとのこと)

・卵胞11.8mm ←意外と大きくなっててびっくり。
・内膜3.8mm
・卵巣に血液の塊が見えるが、これは前回の排卵時に勢いよく排卵したためなので
 問題はない。問題となるような残卵胞は見られないので、安心してよい。

・第12因子の検査結果の詳細についてはのちほど。

【今後の予定】
今周期は自然に任せる予定だが、一応1週間後に通院

【2/27のお会計】
・診察:保険分840円


そして、第12因子の検査結果について。

≪のび蔵・第12因子値の変遷(基準値:60~150%)≫
  柴苓湯服用
     
      2008/07/03(低温期13日目) 53.5%
     
  柴苓湯+バイアスピリン服用
     
      2008/08/23(高温期5日目)  55.5%
      2008/10/20(低温期19日目) 52.6%
      2009/01/09(高温期8日目)  53.5% 
     
  ユベラ(ビタミンE)服用
     
      2008/02/24(低温期4日目)  63.7%

ずっと50%そこそこだった値が、63.7%まで上がりましたっ!やったねっ!
ユベラの効果かどうかは先生にもわからないとのことでしたが、またしばらく
ユベラを服用していこうと思います。

あとは、前周期の排卵期あたりから『マカモラーダ』を飲み始めていたので、
そちらの効果が出たのかも!?

いずれにしても、癒着も無く 数値も上がってくれたのでホッとしましたわ~。

楽しい休日♪

今日は偶然にも、ダンナと休みが一緒でした。
前々から「ニセコにでも行こうか~♪」と楽しみにしていたのですが・・・

前回の通院時に「次は生理が来たら5日目、来なかったら23日以降に来てね」
先生に言われたため、(今日は4日目だけど)いずれにしても通院になりそうだと、
通院した後に病院の近くでデートでもするかと観念して、予定変更(涙)

朝8時に家を出て、病院に向かいました。

【本日の診察】 周期4日目
・OHSS後は卵巣が腫れたままになっていることもあるが、ワタシの場合は
 腫れておらず、卵巣が疲弊している様子もないので問題なし

と ここで、先生と今後のことについて相談。
のび蔵「何度もAIHをして頂いたのですが、妊娠に至らないですね・・・」
先生「そうだよね~。パーコール法であれば何度行っても問題はないけれど、
   教科書通りに言えば 一般的にAIHは5~6回が限度と言われているからね。
   ただのび蔵さんの場合、IVFに進むしかないという状況でもないんだよね。
   でもタイミングも合ってて 卵胞も沢山できてるしなぁ・・・」

「卵子の質が悪いということは考えられませんか?」
「うーん、たしかに。一般的には38歳を過ぎると卵子の質がまた悪くなると
  言われているからね・・・。前の病院で言われていたのはHOMA指数と第12因子
  だったよね。HOMA指数については昨年7月の検査の数値は問題なかった
  けれど、第12因子はいまだに良くなってはいない。でも、第12因子の
  数値が悪くても妊娠まで至らないということはないんだよね」

「そうですよね、2回妊娠はしましたしね」
「まずできることといえば、子宮卵管造影とHOMA指数、第12因子の値を
  調べることかな・・・」


今日の出血量なら卵管造影は問題なくできると言われたものの、ダンナを待たせて
いるしあまりに突然だったため、まず今日は第12因子を調べるための採血だけ
してもらうことに。

【本日のお会計】
・診察:保険分1,110円

10:10頃病院が終わり、先生との話についてダンナに説明しながらも、
また卵管造影の予定を組むことを考えると悩んじゃうなぁ・・・と思っていたら、
「卵管造影、今日やってきちゃえば?」とあっけなくダンナ。
「せっかくの休みなのに、ダンナをどれだけ待たせるかわからないし・・・」
言うと「ワシは全然いいよ。だって、それが夫婦だからっ!と。
・・・・・・どうやら『夫婦だから』というのは、今日のダンナのお気に入りの
   フレーズだった模様デス。なんじゃそりゃ(笑)

長くなるので続きに書きます。

続きを読む

潔かったわー

えー、本日リセットしちゃいました。

一昨日36.53℃まで急降下したものの、昨日は36.84℃という高温を弾き出し、
「先生の言った通りだったのかも!身体はまだ頑張ってる!!」と一日中
浮かれ気分だったんですが、今朝36.45℃までまた下がってしまって・・・。

もう少し体温が下がり切ってからリセットになるだろうと予測していたものの、
9時半の段階で ♪茶オリが出てきてコンニチハ~♪ と、意外と早いお客さんの
到来と相成りました・・・うーん、なかなか潔かったのね、私の身体ってば。

まぁ、またボチボチやっていくしかありませんな。

それにしても。たくさん排卵して内膜も厚くてダンナの精鋭たちは元気で
体温もそこそこイイ感じで、それでも着床にまで至らないということは、
やはりタマゴの質になんらかの問題があるということなのかな。
まぁね、こればっかりは神の領域で、つまらない人間がなんやかんや言ったり
単純に考えられるようなことではないのは重々わかっております。
でもね、転院してから7回人工授精に臨んでもなかなか結果が出ないというのは、
悪いタマゴながらも立て続けに2回妊娠できたこと自体が奇跡で、本当なら
カスリもしなかったのかもしれないなぁ、とも思えるんですよね。
(まぁ、ダンナに言わせれば、流産していること自体、前の病院でも
結果は出せてないということになるんですが。そりゃそうだけどね。)
おまけに私の場合、薬で無理矢理成長させているんだから、良いタマゴが
できにくい確率の方が高いわけだし。

タマゴの質。2年前にも解っていたことだけれど、やっぱりココに辿り着くのか。
もう一度初心に返って「タマゴの質の向上」に重きを置くべきですな。

とまぁ、あんまり考え込んじゃう方が、身体にとっては よっぽど良くない
気もします(笑)。あまり頭でっかちにならないように ほどほどにしながら、
いろいろと もがいてみよう、と思っています。(もがくんかいっ!)



そして今さらですが・・・。
香川での「受精卵取り違え」には、本当にいたたまれない気持ちになりました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。