のんびりのび蔵の縁側日記 カラダ改造!
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けなや・・・

先週末はひさしぶりに実家で過ごしたのですが・・・

日曜日の朝、ダンナがハンドボールの試合に出かけたあとで、
「今日は何して遊ぶぅ~?」と我が母。
「なんでもいいけど、花も咲いていないしねぇ」と私。

結局 母の提案で、隣りのJR駅まで遊歩道を歩き、近くの温泉で
入浴してからランチをし、JRで帰ってくる
ことになりました。

母のジャージやウォーキングシューズを借りて支度をし、出発!
暑くも寒くもない 丁度よい気温とお天気で、颯爽と歩く私たち。
遊歩道の周りにはまだ雪が残っているところもあり、キレイな
空気を吸って頭も冴え、気分は爽快♪♪
遊歩道には 同じように歩く人、走る人、自転車に乗る人などが
行き交っていて、頑張っている人を見るだけでも励まされました。

途中まではすこぶる快調だったのですが、道のりは意外と遠かった・・・

おまけに自分の靴でないせいか、右足裏がヨレてきたような違和感。
無意識のうちに それをかばって歩いていたのか、股関節やら右脛やら
右臀部やらが痛くなってきた・・・(汗)

意外と遠いじゃん、かーさん・・・
でも母の手前 娘の私がそんなことを言える筈もなく、平然を装って歩きました。

ようやく温泉に到着したのは、13時すぎ(驚)
着いたときには疲労も空腹感もピーク。
歩いただけなのに、こんなにダメージを受けるとは・・・(恥)

伊能さん(万歩計)を見ると、14,000歩 / 9kmと表示されていました。

これくらいだったら普段でも歩くことがあるのに、こんなにも
疲れているのはなぜかしらん?
ほとんど休息せず、大股早歩きでガシガシ歩いたからかしらねぇ。

その日は殆どグロッキー状態で使いものにならなかった私ですが、
その翌日である今日の方が さらに悪化してしまった模様。

ほとんど全身が、筋肉痛になっておりましてねぇ・・・
なぜか腕や手までもが筋肉痛ですよ、アナタ。

どんだけ運動不足なんじゃーっ、オイっ!

ということで、今年も春がやってきましたからね、
今年こそ 不甲斐ない自分から脱却したいと思ひますっ!
毎年同じようなことを言っているため、「またオオカミ少年が
出たか」と思われる方もいらっしゃるでしょうけれど・・・(笑)
スポンサーサイト

ゆけ、筋肉痛ロボット!!(後編)

 ~前編からのつづき~

上り坂では 精神的にも肉体的にも全く走れなかった駄目ランナーの私でしたが、
下り坂では別人のように豹変。嬉しいくらいに快調に足が進みます!!

ただ、あまり歩幅を広げてもペースを乱すだけだし、なんと言っても路面が
濡れているため転びそうで怖い。無理は禁物!と自分を戒めながら、なるべく
歩幅を狭く 回転を速くすることを心がけました。

そうこうしているうちに、私の目がG妻ちゃんの赤いジャージを捕らえた!
快調に走っていたはずのG妻ちゃんが、なんと歩いているではありませんか。
5メートルほど手前で、「G妻ちゃん、どうしたの~?」と声を掛けると、
「なんだか下りに入ってから、お腹が痛くなってきちゃって・・・」
「あらら、大丈夫~?
でもゴメン、足が止まらなくなっちゃったから、先に行くね~っ
まぁ、G妻ちゃんなら すぐ私に追いつくと思うけど(笑)!あとでね~!」


前半の不甲斐ない私は何処へやら、いったん走り始めてしまった私の足は、
まるでハツカネズミのように 面白いくらいに止まらなくなっていました。

そのうち 前方に体格の良い男性をロックオン。あら、たしかあの人って
元プロ野球選手の方じゃなかったっけ??お疲れなのかしらん?

などと思っている間に、調子に乗って その方も抜かしていました。
うぉーー、なんと爽快なんだぁ~っ!
すっかり楽しくなってしまった、私だったのでした(笑)

そんなこんなで、また大湯沼が眼下に見えてきました。
大湯沼に沿って、なにかもの凄いスピードで移動しているのが見える・・・
どうやら自転車を走らせている一団がいるようです。
こんな雨の中、自転車の大会でもやってるのかな?と思ったとき、
もしかして、あれがママチャリゾーンでは?とようやく気がつきました。
よくよく見ると、みなさん もの凄い勢いで激チャリしています。
ちょーっとちょっと、スピード出し過ぎじゃあないの?と笑ってしまいました。

ようやくウォーキングゾーンが見えてきた、その頃。
G妻ちゃんが「のび蔵さーんっ!」と走って追いついてきました。
ウォーキングゾーンもまだ下り坂の最中だったので、思わず走り出しそうに。
なんとかウォーキングの範疇に収めよう(?)と四苦八苦しているうちに、
次のママチャリゾーンに突入。

白いヘルメットをかぶり、ママチャリにまたがって、激チャリ開始!
走る時に使う筋肉と違い、腿の部分が痛かったのには驚いたけれど、
風を切ってなんとも気持ちいいーっ
Uターンして緩い坂道を上る時はまたちょっぴり辛かったけど(笑)、
距離も短くてあっという間にママチャリゾーン終了。

次は、浴衣を羽織って、足湯ゾーンに突入です。
登別温泉郷には天然の足湯があり、靴や靴下を脱いでその天然足湯に
一瞬でも浸かればよい、ということでした。
前にテレビで見た大会では、2~3分浸かるルールだったと記憶して
いたので、ちょっぴり肩透かしをくらっちゃった気分。
おまけに、前日からの雨で足湯ゾーン全体がドロドロ・ジメジメと濡れて
いて、その雨のせいか温泉もぬるかったので、残念ながら
あまり爽快感は得られなかったかも・・・。
ま、爽快感を得るための種目じゃないから、仕方ないか(苦笑)

   2009062105.jpg
       ダンナによる セクシー足湯入浴シーン

首に巻いていたタオルで足を拭き、まだ湿った足に無理矢理
靴下と靴を履いて、浴衣のまま 再びランニングゾーンへ。
と言っても、またもや上り坂だったので、「もう無理ーっ」
早歩きしちゃいました・・・

そうこうするうちに、ゴール地点が見えてきた!
出迎えてくれた鬼さんたちとハイタッチをして、最後の下り坂を走りました!

そのまま、G妻ちゃんと一緒に ゴーーーール!
お互いのダンナ達が出迎えてくれました~っ


   2009062106.jpg
       無事完走した G夫妻(左)と のび家(右)

さて成績は・・・
 のび蔵 1時間6分9秒  女子の部 第35位(総合127位)
 ダンナ 51分0秒    男子の部 第43位(総合51位)
  でした!

女子の部が何人いらしたのかわからないけれど、私 がんばったかしらん?
ダンナに至っては、最初から私を見捨てて自分のペースで走っていたら、
もっと上位に食い込めたんじゃないかなぁ?と申し訳なく思ったけれど、
53分でゴールしたG夫さんを 途中で抜いていたのには笑っちゃいました。

その後はお弁当をいただこう!ということになり、石黒彩ちゃんから
『スパトラ弁当』と手渡してもらいました~っ
「お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださ~い」と1人ひとりに
言ってくれた石黒彩ちゃんは、小柄で顔が小さかった!

外はどこも濡れていたので、体育館の中でお弁当をいただきました。
疲れた身体に染み渡って、お弁当は美味しかったですわ~っ
バナナは食べ放題、ドリンクもたくさんもらっちゃったし!
   
   2009062107.jpg
      石黒彩ちゃんプロデュースのスパトラ弁当

かなり体力を消耗した我々(私だけ?)は、閉会式まで待っていられず、
昼食後 早々に退散することにしました。
G夫妻はそのまま帰札。今回のパンフレットに温泉入浴券が入っていたので、
のび家はさっそくそれを使い 温泉に入ってから帰ることに。

入浴券は「温泉銭湯 夢元さぎり湯」という、温泉なのか銭湯なのか
よくわからないところのものでした(笑)
入浴料が 大人390円だというところを見ると 銭湯か?と思ったのですが、
なかなかどうして中身は立派な温泉でしたよ~。内風呂しかなかったけれど
泉質は「含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉」で、硫黄臭のする「ザ・温泉」
でした。登別にあるホテルの温泉よりも、よっぽど温泉らしかったかも。
(まぁ、3つしか泊まったことないですけどね~。笑)

ただ・・・、アメニティの類は一切無し!
風呂場には、リンスインシャンプーも石鹸も、ありませんでした・・・。
最近はたいてどこのお風呂でも置いてあったりするので、すっかり
甘ったれになってしまった私。洗顔フォームのみを手に乗り込んだのですが、
何も置いていないことに気づき、ちょっぴり焦りました。
まぁ 焦ってもどうしようもないので、洗髪は諦め、洗顔フォームで全身を
洗いましたよ~。いやぁ、洗顔フォームって意外と泡立たないものですな。
ダンナは手ぶらで乗り込んだため、手拭いで全身をこすってから
入ったとのことでした(笑)

   *   *   *

とまぁ、このようにして 翌日見事に筋肉痛ロボットが誕生したわけです。
翌日以降はかなり辛い日々が続きましたが、なかなか楽しい大会でした。
ダンナと同じ大会に出る、というのも楽しいものですね。
また何かに出られるよう、がんばりたいと思いまーす。

長々とまとまりの無い文章になっちまいました(汗)
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました~っ!

ゆけ、筋肉痛ロボット!!(前編)

みなさまお待ちかね、筋肉痛ロボットシリーズ、最終章です!
(え、待ってない?おまけに勝手にシリーズ化するなって?)

   *   *   *

さて、時は2009年6月21日、日曜日。
筋肉痛ロボット誕生の日 スパトライアスロン2009 登別温泉大会当日です!

登別のお天気はあいにくの霧雨。でも、暑くて日焼けを気にするよりはマシだ!
とこんな天候にもありがたく感謝しつつ、受付+開会式会場+ゴール地点である
旧登別温泉小学校に向かいました。

私たち夫婦も 友人のG夫妻も、ゼッケンの番号が非常に若かったため、
「もしかして、参加人数20人くらい…とか?」とビビっていた(?)のですが、
受付でもらったパンフレットを見ると、スパトライアスロン競技にエントリー
していた一般ピープルは なんと192人!「これならビリは免れる…かも?」
などとちょっぴり根拠のない安心をした私でした。

9時から開会式。司会はなんと、プロレス中継や 朝まで生テレビ などで
おなじみの、辻よしなりさんでした~。
そして、招待されていたゲストランナーの方たちが登場。

  2009062101.jpg

前列右端に、ジャガー横田さんがいらっしゃるのがわかるかな?
ジャガーさんは想像していたよりも小柄で華奢な感じがしました。
「闘魂」ならぬ「妊娠力」を注入してほしかったわ…(笑)

ジャガーさんのほか、前列に並んでいる方たちは カヌーやカヤックの
オリンピック代表選手、トライアスロンの日本代表レベルの選手たちと、
本格的な現役アスリートのみなさんでした。

後列には元プロ野球選手(屋敷さんや戸叶さんなど、私も名前だけは知ってた)や
元プロサッカー選手、オフィス北野所属のお宮の松さんなどもいらっしゃいました。

  2009062102.jpg

前列右端は、元モー娘。の石黒彩ちゃん。そのお隣がスキージャンプの船木選手。
石黒彩ちゃんは、この大会のお弁当をプロデュースしたんですって~っ
(なので競技には出なかった)

その後 準備体操をしてから、スタートの11時までしばらく待ちました。
この時間がちょっぴり長かった…。

そして、10時半すぎに ようやくスタート地点へゾロゾロと移動開始。
・・・したものの、なかなか到着しない。15分ほど歩いてようやく到着
したけれど、もうこの時点で 緊張と思いもよらぬ移動距離に 疲れと
不安を感じ始めた私でした・・・(汗)

午前11時。登別温泉の鬼たちに見守られながら、スタートです!
コースは、登別温泉から倶多楽湖(くったらこ)へ向かう観光道路を使用して
いたのですが、スタート地点で すでにかなりの急な上り坂。
まぁ、この上り坂も そのうち終わるんだろうなぁ なんて楽観視しながら
元気に坂を走り始めた私でしたが、いつまでたっても平らにならないじゃ
あーりませんか!
なんだよこの坂、結構キツイ!聞いてないよーっ
地図にはこんな急勾配って書いてなかったし、私が毎日走っていたのは
真っ平らな国道沿いだっちゅーのっ!

スタートして100メートルにもならないうちに 足が前に進まなくなり
気持ちも萎えてきたのがわかりました・・・ああ予想外の情けない展開(汗)

G夫妻は仲良く上り坂を走って行き、見えなくなってしまいました。
さすが、アスリート夫婦!すごいなぁ・・・と感嘆しきりの私。

そのうち、周りで何人もの人が歩き始めました。
歩くという選択肢もあるのか・・・でも歩いたら二度と走れなくなるなぁ・・・
と思いつつ、もうこの坂は無理だ!と いよいよ歩いてしまった私。
あまりに早く音を上げた私を見て「もうかよ!」と驚いていたダンナ
でしたが、「先に行っていいよ」と伝えるも、私に付き合って ゆっくり
走ってくれました。

殺人的な坂道はひたすら続き、その後も私はマイペースで 歩いたり走ったり
を繰り返したのでした。

  2009062103.jpg
    余裕のダンナが撮ってくれた、私の貴重な一枚

  2009062104.jpg
         湯けむり立ち上る大湯沼

眼下の大湯沼を過ぎ、給水所を越えたあたりで一旦下り坂になったのですが、
そこからまた緩い上り坂+急でひたすら長い上り坂が見えてきました。
嗚呼、また上り坂かよ・・・
「もう大丈夫だから、先に行って!」と言うと、ようやくダンナも
「じゃ、先に行くからなー。がんばれよっ」と真面目に走り出し、
あっという間に見えなくなってしまいました。

あとはひたすら 急な上り坂を早歩きしたり ゆっくり走ったり。
その頃には 折り返してきた先頭集団の選手達が 坂を下ってきた!
さすがにハイペースです!すごいなぁ~

そのうち、遠くの方にG妻ちゃんを発見。G妻ちゃんは、元スピードスケート
選手で現在北海道議会議員の堀井学さん(この大会の顧問だそうです)と
同じ集団で走っているのが見えました。

急な坂を上り始めてしばらく経つものの、なかなか折り返し地点に着かない。
まだかなぁと思っていたら、G夫さんが下ってきて「がんばれ!」
声を掛けてくれました。ややしばらくして、次はダンナがやってきた!
ダンナからは折り返し地点の給水所で貰ったらしきペットボトルの水を
手渡されました。

ペットボトルをリレーのバトンのように振りながら、歩いたり走ったり。
すると今度は、スキージャンプの船木選手が下ってきて、「がんばって!」
優しく声を掛けてくれました~っ♪
その後、G妻ちゃんが「のび蔵さん、あと少しで折り返しですよ!」
と坂を下ってきました。

それからほどなくして。やっとのことで折り返し地点に到着!
ペットボトルの水を飲み ひと息ついてから、夢にまで見た下り坂を
走って下り始めた私でした。

 ~後編につづく~

筋肉痛ロボットへの道

スパトライアスロンを知ったのは今年の冬。
たまたまテレビを付けたら 佐賀で開催された模様が放映されていました。

参加者は浴衣を着て、 ランニング・ウォーキング・足湯(3分間浸かる) を
こなし、タイムを競うというもの。
ほかに、ゲーム・クイズ・足湯でタイムやポイントを競う種目もありました。
テレビを見ながら「楽しそうだねぇ~」なんて話をしていた私たち。

その数ヶ月後、6月21日(日)に登別で行われるという記事を新聞で発見。
私もジョギングを始めたことだし、楽しんでできそうだから出てみるか!
ということになりました。
ダンナの友達・夫婦ともにハンドボールをしているG夫妻にも声を掛けて
みると、「なんだかよくわからないけど、楽しそうだから出てみる」
二つ返事で参加を決意(笑)。

HPをチェックしてみると、登別大会の「スパトライアスロン」は
ランニング・ウォーキング・ママチャリ・足湯でタイムを競い、
合計距離は10.3kmと書いてありました。
単純に3等分したら、1種目あたり3kmくらいだよな。
それならジョギング初心者の私でも大丈夫そうだな
。と判断した私は、
迷わず ダンナと同じ「スパトライアスロン」でエントリー。

その後HPや新聞広告を丹念にチェックしてみると・・・
あれ?ほとんどがランニングを表す赤い線じゃない?
そう、ウォーキングもママチャリも、距離としてはホンの少ーしだったんです。
まさかこれって、ランニングが7~8kmはあるんじゃない?
マズイ、マズイよーーっ。私が自信持って走れるのって、3kmなんですけど!


それに気づいたのが5月の終わり頃。
それから毎日 一生懸命走り始めた私でしたが、途中で膝が痛くなったり
呼吸が苦しくなったりして、休まず走れるのは4kmが限度でした・・・(汗)
本当は10kmくらい余裕で走れるようになりたかったんだけど、
んもぅ 情けないったらありゃしない。

焦るばかりで 日にちだけが無情にも経過していき・・・
「もう、ぶっつけ本番でやるしかない。歩いてでも這ってでも、なんとか
規定の2時間以内にゴールできればいいんでしょ!?」
と開き直りの境地に
達した私は、ついに「スパトライアスロン」当日を迎えたのでした。

あら?全然 当日の記録まで行き着かない・・・
当日の記録は、きっとこの次に書けると思ひますっ!多分!!

筋肉痛ロボットの理由(と書いて「わけ」)

先月の22日に 筋肉痛ロボットと化していたワタシですが、
その理由を一向に書いておりませんでした。
ダンナや妹から「いつ書くのさ???」とせっつかれましたので、
遅ればせながら記事に残しておこうと思ひます。

   *   *   *

実はワタクシのび蔵、この春からなんちゃってジョギングを始めておりました。
というのも いつの頃からか、「死ぬまでに一度は、ホノルルマラソンに出てみたい」
という野望を、何の脈絡もなく胸に秘めていたからなんです。

そんな漠然とした野望から、一歩踏み出そうと思ったきっかけは、
今年3月の東京マラソン。マラソン直後に収録があった「ジャンクスポーツ」を
観ていたら、安田美沙子ちゃんがかなりのハイペースで完走したというでは
ありませんか!あの華奢な身体で、なんて根性のある娘さんなんだ!!
すっかり感激し、それ以来 安田美沙子ちゃんをテレビで観ると、尊敬の
まなざしで見つめてしまっている自分がいました(笑)

まず手始めに 趣味の教科書シリーズ『ランニング・スタートブック』を買って
ランニングの何たるかを勉強し、次の週に靴を買って、実際に走り始めるのは
それからかなぁ・・・?

なーんて悠長なことを考えていたワタシでしたが、
本を買った夜から「で、いつから走り始めるの?」とダンナが予想以上に
食いついてきたではあーりませんか!
それならばと とりあえず靴は 15年ほど前から愛用して 今ではすっかり年季が
入った(と書いてボロボロと読む)ニューバランスのスニーカーを履くことにし、
まずは 往路は歩いて 復路はゆっくり走ることから始めました。

その後、走る距離を 1キロ弱 → 1.5キロ → 2キロ → 3キロ と少ーーしずつ伸ばし、
排卵時期や高温期やリセット期間や、ほかにも体調が悪いと思われる時は
あっさり走るのを休むという潔さで、無理をしないことを第一に考えました。

なーんて、5月も風邪を引きましたしねぇ。
まぁ実際のところ、半分の日しか走っていないかもなぁ(汗)
こんなんじゃとても「走り始めた」なんて言えませんか…ねぇ!?

「夢はホノルルマラソン」ではあったものの、「いつ出るのか」までは
決めていなかったため、なかなかモチベーションが上がらなかったのもあって。
ってこれ、言い訳ですけど。

が!やる気があるんだか無いんだかわからなかったワタシにも、
てっとり早い目標ができたんです!

それが、『スパトライアスロン2009』でした…
長くなっちゃったので、その模様は次回に続きまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。