のんびりのび蔵の縁側日記 妊娠8~10ヶ月[双子]
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれました!!

ご報告が遅れましたが、昨日正午前に 無事2人の女児を出産しました。

心配には及ばず、長女は2510g 次女は2540gの立派な大きさで、はじめから新生児室に入れてもらうことができました。
帝王切開児におこりがちな呼吸のトラブルなどもなく、今日の昼間にモニターも取れ、私の部屋にも連れて来られるようになりました。唯一 次女に低血糖症状が一度ありましたが、点滴で回復しました。

応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました~m(._.)m

昨日、手術室から保育器で運ばれてきた娘たちです。奥が長女で手前が次女。娘たちが大きすぎて 1つの保育器ではビチビチに狭かったようですが、そんな中で仲良く手をつないでいたとか♪



ショウスケも妹たちと対面しましたが、状況がわからなかったか ポカーンとしていたみたい(笑)

今日は「あーちゃん」「小さい」、また置いてあった空の保育器を見て「(中に)いない」と言っていました。まぁ、ゆっくり慣れていってね~っ
スポンサーサイト

いってきます!!

おはよーございます。
いよいよ出産当日、ただいま最後のモニター中です。

今朝は3時過ぎに目を覚ましてから2時間半ほど寝られなくなりました…。図太い私もさすがに緊張したかしら!?

さて。どんな子たちに会えるのか、そして自分のやられっぷりは如何ほどか、諸々楽しみにしています(笑)

昨日 記念に腹囲と子宮底長を測ってもらったら、腹囲は101.3cm、子宮底長は43cm。1mかぁ、もっとあるかと思ってたよ~。
ちなみに今朝の体重は15.14キロ増しでした。

手術用の点滴も刺してもらったし、荷物もほぼまとめたし、あと心配なのは腹具合かな。ここ1週間近く、お腹がゆるくて…。出ないよりはマシだけどさぁ。

おっと、どんどん話が逸れていきそうなので、この辺りで止めます。

最後に食べ物フェルトマスコット4連発をどうぞ~(え!?ますます関係ない?)







では、いってきます!!


これがドスコイ妊婦だ!!

みなさまコニャニャチハ。

前回「拍手してもらえない…」なんて書きましたら、その後沢山の拍手を頂きました!!ありがとうございます~。いやらしいことを書いて、どうもスミマセン(汗)

さて、あと2日で正期産に入ります。
産前最後になるであろう今日のエコーでは、左下ちゃんが2380g、右上ちゃんが2455gだそうで、これくらい体重があればGCUではなく 通常の新生児室に入れるとか。どうか今日の測定よりも大きく生まれてくれますように~っ

正期産に入る日は、ちょうど入院して3ヶ月の日にもあたります。
まさかの3ヶ月。季節をまたいでこんなに長いこと入院するなんて、思ってもみませんでした。
2人目妊娠での長期入院は 上の子の存在が大きく、1人目の時の気楽さ加減とは全然違いましたね。
本当に、ショウスケをみてくれている家族には感謝してもしきれません。ありがとう!

また退院したら、できるだけショウスケを気にかけて、彼が疎外感を味わうことがないようにしなくちゃ。

さて、今日ダンナとショウスケがお見舞いに来てくれたので、より現実に近い写真を撮ってもらいました。ドスコイ妊婦の腹の大きさが、伝わるかな~?

臨月に入りました~♪

昨日で、無事に臨月に入りました~っ!!

割と早い時期から先生に「持たないかも」「早く生まれるかも」などと言われてきたけれど、まぁ 私は最初から36週まで頑張れると思ってたわよ~(急に強気)

ここまでくれば、だいぶ肩の荷が下りた気がします。双子たちも2300~2500gだそうで、だいぶ大きくなってくれたしね。ただこないだのエコーは、今回の妊娠で初めて当たってしまった せっかちハァハァテキトウ先生がやってくれたので、かなりマユツバものですが…(泣)

そんなこんなであと1週間。お腹周りの靭帯や背中の痛さと 双子たちからの蹴り攻撃と ちょっと歩いただけで息が上がって辛いのと 病棟の暑さと 寝られない苦しさとで、もう明日にでも生んでしまいたい気分マンマンではありますが、ここまで耐えたんだから あと1週間くらい我慢して、ちゃんと正期産に入ってから出てきてもらいたいと思います。もう少しの辛抱、頑張ります。。

さて、写真はおとといのワタシ。

これで見ると全然お腹が出ているようには見えないんですが、実際はお腹周りとお尻が別な生き物みたいにまあるくなっています。産後どれだけ戻るのか、今からかなり怖いなぁ。。


※前回の記事に拍手がないところをみると、私の感覚の方がおかしかったのかな~と、いま反省?しているところです(笑)

闘ってます。

35週を越えました~。

双子たちはいよいよ進出する場所もなく、母の腹の中で狭そうにしています。

左下ちゃんは与えられた持ち場で手足を存分に動かして私の横腹を波打たせ 心音を聞きにきてくれる看護師さんにいつも笑われているし、右上ちゃんは与えられた場所だけでは飽きたらず とにかく私のあばら骨に負荷をかけ続けてくれています…

たいてい2人同時に暴れてくれるのですが、とにかく母は苦しーっ!この攻撃にはひたすら耐え忍ぶしかありません。

先生にも「もうこの時期から出産までは、赤ちゃんたちとお母さんの闘いですから~」と言われマシタ。あと、今後はエコーでももう正確な大きさを測ることはできないそうです。って、左下ちゃんはだいぶ前から測れてなかったんですけど(苦笑)!!

母の体重にも劇的な変化が。
入院してしばらくは、規則正しく且つ制限された食事のおかげか、体重が少し減ってから微増しかしない日々が続いていたんですが、6月に入ってからというもの…
なんと、1週間1キロペースで増え始めた!!

おかげさまで、あっという間に妊娠前と比べて12キロ増ですよ!!!
毎日体重計に乗っては驚きの声を上げてます…

むくみもなく血圧も変わらず、血糖値も最近は低いくらい。とにかくお腹だけがラストスパートの如く前にせり出してきただけなので、病院側からも何も言われていません。でもこの調子なら最終的には15キロくらい増えてそう…。ちゃんと戻るかが不安だわ…(苦笑)

そうそう血糖値といえば、インスリン注射の効きめがありすぎたのか、最近 逆に低血糖に陥ることが出てきまして。低血糖症状がひどくなると 急に気を失ったりすることもあるそうですが、今のところ私は汗をかく程度なんです。しかも冷や汗なのか 点滴と妊娠のせいで本当に暑くて汗をかいているのかも判断できないというマヌケっぷり。それでも血糖値が40まで下がることが1日に2回もあり、2回ともブドウ糖を注射してもらって危機を脱しました。

産科としては血糖値は多少高くても仕方がないと考えるようですが、内科の先生は微調整しながらガッチリ血糖コントロールをするところがあるようで。前回のショウスケの時は それでも妊娠が進むにつれ血糖値がどんどん上がっていったので分かりやすかったのですが、今回はちょっと様子が違うようで、インスリンの量も種類も減りました。私も 血糖値がちょうどよくなるように気をつけながらオヤツを食べています(笑)

とにもかくにも あと2週間。
もう二度と経験できない貴重な経験と噛みしめつつ、身体内暴力に耐えたいと思います!!

34週に入りました~

みなさま、こんばんは♪

まだ妊娠継続中の、のび蔵でございます。
ふと気づくと 前回の投稿から10日以上が経っていたんですねぇ。特に何の理由もなかったんですが、こんなに期間が空いてしまいまして…。心配してくれたお友達もいて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんちゃい(-人-)

さて 今日でまた1つの区切りとなる、34週を迎えることができました♪

おとといの診察では、子宮口の開き&子宮頸管長はあまり変わっていないそうで、まぁギリギリながらも落ち着いて!?いるようです。
そして双子たちですが、ついに2人とも2000gを突破しました!
右上ちゃんが2110g、左下ちゃんは(頭が私の骨盤にしっかり入っているので、本当に推定でしかないのだけれど)2047gです!!

2000gを超えてくれると、私としても少し安心。この調子でもう少し体重を増やして、なんとか母子一緒に退院できるように頑張りたいところです。

そしてそして、このまま37週まで順調に妊娠が継続できた場合の 予定帝王切開の日程が、来月の19日になりました♪

ハラキリは恐ろしいけど、ようやくゴールが見えてきたので ちょっとホッとしています。

そこまであと3週間。お腹の中で双子たちが少しでも大きくなってくれるよう、右上ちゃんにあばら骨を蹴られながら なんとかがんばりまーす♪

やっとやっとの9ヶ月!

今日で妊娠9ヶ月に入りました!!

私の体重はプラス8キロ。
双子たちはそれぞれ1700g位まで育ってくれています。
2人分だけあって、お腹は恐ろしく出てきました。
子宮が大きくなっているからか 足の付け根が痛むことが多く、ポロッと落ちたら怖いので 歩く時はお腹の下の部分を支えながら歩いています(笑)

先日来 子宮口が3センチ開いていると言われていましたが、おとといの診察では「閉じているよ」と。無理矢理グリグリすれば3センチ開いているとも言えるけれど、今回の先生は閉じていると判断されたようです。先生によって全然違うものですねぇ。

ま、いずれにしても あと4~5週間は今まで通りおとなしくしているほかはなく。本当に 今回の入院は「自分との戦い」だなぁと痛感しています。2年前も長く入院した気になっていましたが、あの時の自分に「こんなもんじゃないよ」と教えてあげたい気分です~っ

がんばれ、血管!!

入院してから私と一心同体なもの。それは点滴。

ここH大病院では、一度点滴の針を刺すと 何事もなければ穿刺箇所を1週間変えないという方針なのですが(つまり刺し替えは1週間後)、2年前に入院した時 私の血管は1週間保ったことがなかったんです。長くて4日、ひどい時は2日で 痛くなったり腫れたりしたため、自分の血管は点滴に向かないのだと思っていました。

が、今回。私の血管は意外にも頑張ってくれていて。さしてトラブルもなく、穿刺箇所が1週間保つようになっていました。母になって図太くなったのか?なーんて非科学的な自信まで持ちはじめていたんです。

それが 6月に入って、俄然調子が悪くなってきたーっ!
この1週間で、痛み・腫れ・液漏れ・挙げ句は詰まりまで!! 刺し替え回数、なんと4回!!

ボコボコな上に青アザで、すっかり可哀想な両腕になっちまいました…。

看護師さん曰く「血管がちょっともろくなってるね」
血管を強くするにはどーしたらいいのーっ!? 効果のある食材はーっ!?

またすっかり点滴に対して恐怖心が出てきてしまいましたが、昨日刺し替えてもらったのは看護師さんの腕がよかったのか場所がよかったのか、奇跡的に痛くなく、有難いことにこれでまた少し頑張れそうです。

おまけにこのところの血液検査で 「血が固まりやすい」場合の値が少しずつ上がってきていること、バファリンの服用が終わったことで、今後ますます詰まる可能性があるため、点滴液そのものにヘパリンを入れてもらうことにしました。

これで騙し騙しあと5週間半(かな?)、なんとか血管には頑張ってもらわなくちゃ…。

* * *

話はガラッと変わり、先週と今日作ったマスコットたちです~

急に出産なんてことになったら困ると、予定を変更して 双子たちに ニギニギ代わりになるものを作りました~

ウサハナ



マイメロディ



女の子っぽくサンリオで攻めてみたよ~っ

どちらも 私が縫ったのはほんのわずかですが、パーツが多くて結構時間がかかりました。

さてまた来週から、ショウスケ用に食べ物シリーズを作るぞ~っ

再び左右ちゃん。

ずっと上下の位置にいた双子ですが、昨日のエコーで左右になっていることが判明!そしてなんと、2人とも頭が下の「頭位」になっていました。
下ちゃん→左ちゃんに、上ちゃん→右ちゃんになりましたが、左ちゃんの頭が私の骨盤内にあるのは変わらないようです…

大きさは2人ともほぼ同じで、推定体重は1550gでした。頭の直径は7.5センチ。まだまだ小さいものの、蹴りには相当な威力があります。2人に一斉に暴れられると、太刀打ちできません。特に肋骨への蹴りは勘弁してほしいなぁ。消灯後に「祭り」が始まることが多いようです。

そして、子宮口が3センチ開いてきていることもあり、そろそろ考えなければならないのが 出産方法。

先週までは、上ちゃんが横位だったり逆子だったりしていたので 帝王切開しかないかなぁと漠然と思っていましたが、30週5日の段階で2人とも頭位になってくれたので……

考えた結果、やっぱり帝王切開にしようかなと(笑)

下から産める方が 産後の身体の戻りも早いだろうし、今度こそダンナも立ち会えるかもしれないし、理想的ではあるのですが…。

また逆子に戻らないとも限らないし、子ども達に何かあっても困るし(帝王切開でもリスクゼロって訳ではないだろうけれど)、私も日程が決まっている方が有難いし、できるだけ早く退院したい気持ちもあって。

と書くと、「3ヶ月も入院しておいて 今さら何日間か早く帰ったところで大差ないんじゃないの?」と突っ込みたくなる方もいらっしゃるでしょうね。もう1人の私もそう囁いています(苦笑)

でもねぇ。予定帝王切開の場合でも、出産まであと6週間あると考えただけで、もういっぱいいっぱい。そこまでモチベーションを維持するので精一杯なんですよね…。
食事制限、病棟内のみの行動制限(1階の売店にも行けない)、24時間の点滴、2日に1度のシャワー。
そしてこれからの季節の一番の悩みになるであろう、虫対策。なんとココ産科の大部屋には、クーラーがありません!そして窓には、網戸が付いていません!!
実際におととい、ハチが窓枠にとまっていたんですよーっ!!

とにかく、必要以上には長居したくないというのが 今のところの本音なんです…。と、自分の弱さを感じつつ、愚痴ってみました。

ま、またこんなこと書いて、突然 緊急出産なんてことになっちゃったら、笑ってやってくださいませ…(汗)

やっとこさの30週!

今日でようやく30週に入りました!
まだまだ先は長いけど、ちょっぴりホッとしています~

次なる目標は32週!
まずは2週間を何事もなく過ごしたいと思います。

今日は「謎の胸+背中の痛み」の原因を突き止めるために、心電図と胸部のレントゲンを撮ってきました。ま、おそらく「何もわからなかった」で終わりそうな気がしますが、何か解ればめっけもんですよね~。

そして、書く機会を逸していましたが、28週6日でバファリンの服用が終わりました。飲み忘れた日もあったけど(苦笑)、もう飲まなくてよいとなると少し不安もあります。その辺りも気をつけていかなくちゃ。

あと インスリン注射。ショウスケの時は速効性のある「ヒューマログ」という薬だけを使用していましたが、今回は遅効性の(長く効く)「ノボリンN」という薬も併用して注射しています。食前は血糖値測って注射して…と、ひとりでアタフタしています(笑)

今日の夕方にはショウスケがお見舞いに来てくれました!!
私の姿を見つけて駆け寄ってくれたのは嬉しかったな~っ
ただ、「イヤイヤ期全開」でねぇ。前もよく癇癪を起こしてはいましたが、ダンナをグーで叩いたり、話によると私の母のお腹にも頭突きを食らわしたりするとか(愕然)。
面倒をみてくれている家族のみんな、本当にありがとうっ

もっと怖い話。

病室から遠くに見えていた桜が、今日の強風ですっかり葉桜になってしまいました~。

* * *

日曜日の午前中、お腹にモニターを着けてもらったときのこと。

突然キューッとみぞおちが痛くなり、そのうちキリで刺されたかのような鋭い痛みに。痛みは更に背中からも襲ってきて。横を向いて様子をみていたら、一旦遠のいたものの 再度同じ痛みが。これは尋常じゃないとナースコール。
痛む場所は産科とは関係がなさそうだったものの、念のため診察+お腹のエコーを急遽してもらいました。

診てくれた先生は 首をひねりながらも「肝機能の低下からくるものか、背中だったら膵臓?またはその痛みが陣痛に繋がる可能性もある…かも?」と仰っていましたが、血液検査の結果 肝機能などに問題はありませんでした。

んが、内診でもっと恐ろしいことが判明。
下ちゃんの頭がさらに下がったせいか、2月の手術で縛った糸が取れかかっており、子宮口が3センチほど開いてきているんだそうです!! 頸管は1.1センチあるそうですが…

その上この謎の痛みが陣痛なんか誘発してしまった暁には、29週で1500g弱の赤ちゃん達が誕生してしまうことに…。
おまけに先生がボソッと「いまNICU満床なんだよな~」と。

いやいや困りますよ、困ります!こんなに長く入院しているのは、母子一緒に退院できるくらいに子ども達が大きくなるまで お腹で育てるためなんですから!万が一早まったとしても、NICU難民にはしないでーっ

さしあたり できることは点滴のウテメリンを上げるくらいだと言われたのですが…、
結局 様子見ということになり、ウテメリンもそのまま 安静度も変わらず。

ん!?

脅かされて、終わりかい!?

何かあればすぐ個室に移動になるだろうし、何らかの処置もあるでしょうから、とりあえずは 自主的に「より安静」を心がけ、トイレや洗面所に向かうときは 倍の時間をかけてソロリソロリと歩くことにしました~

とにかく、双子が少しでも長くお腹で育ってくれますように。母ちゃんはがんばります。

ちなみに。今のところ双子達の成長には全く問題がなく、今も元気に暴れています。それが唯一の救いかな。

* * *

と書いていたら、夕方また謎の痛みがありました(泣) いったい何なんでしょうねぇ…

恐怖・フン詰まり女!

先日「もともと『快食快眠快便』だった私が、今回の入院では『快眠』に難がある」と書きましたが…。
先週中頃から、割とすんなり寝られるようになってきました。この環境に ようやく慣れてきたのかな(遅っ)

んが!それと引き換えに、今度は『快便』に難が。段々量が減ってきたなぁと感じてはいましたが、ついに月曜日に「あら?ここは奈良公園かしら?」と錯覚してしまう事態に陥りました(苦笑)

ちょうどその日の午前中に内診があったのですが、診察早々先生に「あなた、ウン○硬いでしょ!!カッチカチだよ、これ!!このままだと痔になるよ!!」と診察室の外にも聞こえんばかりの大声で宣告され、すぐに便を軟らかくする薬を処方してもらいました…。

すぐに服用し始めたものの なかなか効果が現れず、翌火曜日はまさに「フン詰まり状態」。何をしていても思考はソコにしか行き着かず、お腹も張るし、エラく辛かったです…(泣)

結局スッキリできたのは木曜の昨日。こんな苦行はもうコリゴリ。これからはもっとお通じが滞りがちになるだろうし、不用意に力みすぎて破水でもしたら困るので、自分を過信せず(!?)、少しでもおかしいなと思ったら看護師さんに相談しようと思います…

って、こんなこと真面目に書いてスミマセン(汗)

* * *

さて、こんな話のあとに何なんですが、今日のマスコット作りサークルの作品を(笑)

食べるのが大好きなショウスケのために、これからしばらくは食べ物シリーズを作ろうと思いましてね。



りんごとパイナップルと栗です~。何故この3つがセットになっているのかは謎ですが(笑)、ショウスケはわかってくれるかな~?

ようやく8ヶ月!

今日でようやく8ヶ月に入りました!!
ということは、入院して4週間。早いようにも感じられますが、やっぱり長かったかもーっ(汗)

私の体重は妊娠前と比べて6キロ増加。子どもたちもそれぞれ1キロを超えました。私のお腹は ここ数日で突然ドーンと大きくなり、存在感が増してきた気が。看護師さんにも「こんなに大きかったっけ?」と言われるほど。ただ 柔らかさが全く無く、かた太りの力士のようなパンパン張ったお腹なので、破裂することなくこれから大きくなってくれるか心配です…

おとといの診察で、また子宮頸管長が9ミリになってました。これについては もう書くのを止めようと思います(汗)

入院するにあたって 私が一番気にしていたこと。それは、白髪対策!入院した時点で既に白髪部分が2センチ近くに伸びていて。焦って妹によさそうな商品を探してもらい、手配したのが ヴァーナルのヘアカラートリートメント。リンスの代わりにつけて5~10分置き 流すだけ、という手軽さなので、着替え込みのシャワー時間が30分しかない点滴女にもピッタリ(笑) 色は若干明るめで、もとの髪色と差はありますが、これで「あの人妊婦なの?老婆なの?」と後ろ指さされることはなくなりました(多分)。

とまぁ、胎動の激しい双子とともに、ふざけた毎日を送っております。正期産まで、あと8週間。それまでに般若心経をスラスラ唱えられるよう、なるべく心を無にして精進したいと存じます。

* * *

さて、妊娠とは全く関係ないことなんですが。

入院して割と早い時期に、妹に本をたくさん持ってきてもらいました。その中に映画『探偵はBARにいる』の原作も入っていて。札幌が舞台ということもあり、楽しく読んだんです。すると先日、タイミングよく映画がテレビで放映されたので、消灯後にも関わらず観ましてね。原作と設定はちょこちょこ変わっていたものの、楽しく拝見したのですが…。どうにも釈然としない部分が。それは西田敏行さん演じる霧島が殺された場所。基本的にススキノが舞台だったはずなのに、そこだけ札幌駅前になっちゃってるじゃないですか!今は無き旧ロフトと旧西武の中通りはレンガ作りで、きっと雰囲気を重視されたんでしょうけど、あれでかなり興醒めしちゃいました…。あれなら原作通りの方がよかったんじゃないのかなぁ?ご覧になった道民の方、どう思われました??

と、どうでもいい話でスミマセンっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。