のんびりのび蔵の縁側日記 2005年08月
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困っていること

我が家は集合住宅の5階にある。集合住宅と言っても、1つの階に2世帯
しかないので、割とこぢんまりとしている風情ではあるのだが。

我が家の住人は二人とも嫌煙家である。嫌煙家を通り越して「憎煙家」と
でも言えるかもしれない。タバコを吸っているだけで、私たちの中では
悪い人にランク分けされしまうのだ。

さて、本題の困っていること。それはお隣さんの話。
お隣には昨年子どもが生まれたのだが、子どもに気を遣っているせいなのか
奥さんに強制されているせいなのか、旦那さんが換気扇の下でタバコを
吸っているようなのだ。タバコの煙は換気扇を通じて我が家の換気扇から
出てくる仕組みとなっており、台所に立つ私は非常に不愉快な思いをしていた。

そして夏。クーラーがなくても、窓を全開にすると心地よい風が通る。
とそこへ、タバコの煙が我が家の居間に充満した。ベランダに目をやると、
旦那さんの足が見える。しかも限りなく我が家に近いところに立っている!

「こ、こらぁ~~!!!」 喉もとまで出かかったが、辛うじて抑えた。

それからというもの、旦那さんがベランダに出た気配を感じると窓を閉めている。
そんな生活が、もう2年。一体いつまで続くのかしら・・・
誰かお隣さんに言ってやって~!!
スポンサーサイト

メインのはずが・・

このブログの説明に「不妊ライフを中心に」などと書いておきながら、
まだこの件に関して一つも投稿していない私。
なぜなら、7月2日を最後に通院するのをお休みすることにしたから。
今の私はお気楽モード全開。

本日高温期5日目。このまま来週を乗りきってくれればよいのだけれど、
どうも昨日からなんとなーーく嫌な予感が。
次回生理が来てしまったら、不妊治療第2部として新しい病院に通院する
予定であります。

それまでに、第1部のまとめでもしようかな。

わたしの中のじいさんとは・・・

じいさんは、頑固で古いが筋が通っている。

小学校1年生の頃、家の裏の坂道をソリで滑って遊んでいたら、
止まれずに道路に飛び出してしまったことがあった。
幸い車は一台も通っておらず事なきを得たのだが、丁度そこに
いかついお顔をなさった見知らぬおじいさんが。
おじいさんは「危ないから止めなさい!!」と私を一喝した。
その時はもの凄く怖かったが、おかげでそれ以来道路に飛び出す
ようなことはしなくなった。

このところ老若男女問わず、他人に気を遣わず礼儀をわきまえない
輩が多すぎる気がしてならない。
そんな時、あの時のおじいさんのように、他人だろうと構わず
ハッキリと、悪いことは悪いと叱れる人になるのが私の理想なのだが・・・

なかなかできることじゃないのよね。
視線で訴えても、細すぎて目ヂカラもないし。。

というわけでこのカテゴリは、「こら~!」と言えなかった時の
ストレスのはけ口として書いていこうと思います。

ちなみにもともと「じいさん」は、友人おゆかの専売特許でした。
彼女は、私たちがエレベーターを降りる前におばちゃん連中が
ドヤドヤと乗ってきたのを見て「降りるのが先!」と言ってのけた、
素敵な「じいさん」をお持ちです。

正直庵【蕎麦】

札幌芸術の森から真駒内に向かって走ると右側にある赤茶色の一軒家。
13時は過ぎていたが3~4組待っていた。
「ぶっかけおろし(辛味大根)」を注文。
蕎麦はかなり美味しかったのだが、どんどん辛味大根が効いてきて、
そのうち辛味大根の味しかしなくなってしまった。
最後は罰ゲームかと思うくらい辛くて泣けてきた。
今度行く時は「ぶっかけかしわ」か「せいろ」にしよう。

*教訓*
正直庵の「おろし」蕎麦には気をつけろ!!

イサムノグチ展

前々から気にはなっていたものの「8/28までだからもう行けないなぁ」と
弱気だった私。が、8/13東京テレビ系「美の巨人たち」で取り上げられて
いて、私のボルテージも一気に高揚!!
というわけで、イサムノグチ展を見るべく、札幌の芸術の森に行ってきた。

前日までの雨の予報はどこへやら、昨日は29℃まで気温が上昇。
天気に恵まれたのと開催が今日までなのとで、会場は人でいっぱい。
私を含め、こんなに沢山の人が本当にイサムに(というか芸術に)
興味があるのか??と素朴な疑問を抱きつつも、これだけの人を
集められるイサムの偉大さを感じたものでした。

さて、中へ。絵心のまったくない私と図工1のダンナが、いざ出陣!
タイトルを見てようやく「言われればそう見えるかな」というものが
大半だったが、イサム独特の作品の雰囲気はなんだか心地がよかった。
最後の作品は圧巻。展示方法もよかったのだと思う。

図工1のダンナも楽しんでくれたようで、ちょっとホッとした。


*気になったこと*
ところどころ「手を触れないでください」という注意書きが無い作品があり、
かなりの人が触っていた(作品によっては座っていた!笑)。その度に係の女性が
ちょっとヒステリック気味に注意していたのだが、ヒステリックになる前に
もう少し表示をしっかりするかケースで覆うかするべきだと思った。

どうしたって触れたくなる作品だもんね。触ってしまう人の気持ちはわかる。

ゴーヤでテスト

20050827011704
携帯から投稿のテストです。
これはダンナの実家で取れたゴーヤ。こんなのができるなんて、すごい!

はじめました♪

今日から、思いつくまま つらつらと綴っていきます。
できるだけこまめに更新したいなぁ・・・と思いつつ、
根性なしの私にできるのか、ちと不安。
がんばるぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。