のんびりのび蔵の縁側日記 2007年03月
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贈り物♪

私があこがれのひととして前にご紹介した ダンナのおばあちゃんから、
ダンナ宛てに思いもよらぬプレゼントが届きました!

封筒を開けると、そこには手編みのマフラーが!

   2007032901.jpg

 ちょっと短いのは気のせいかな(笑)


そして、達筆な筆字でお手紙が。
 「お元気ですか。
  私も元気で 毎日おしゃべりし乍(なが)ら
  職員にたしなめられてばかりゐます。
  元気で会える日を楽しみにしてゐます。」


おばあちゃん!「たしなめられてばかり」は余計ですよーっ(爆)
96歳の年季の入った毒舌っぷりを、しかと堪能させていただきました!

グループホームの職員の方からは、
「昨年秋より編み始め、心を込めて作ったマフラーです。
 今年の秋には間に合って良かったです。」とコメントがありました。

この素敵なマフラーには木のボタンを付けて、次の冬に大活躍してもらうぞ~!
おばあちゃんに、また元気をもらっちゃいました♪ どうもありがとう!
スポンサーサイト

漢方薬局・3回目

漢方薬局の門を叩いてから ちょうど1ヶ月目の3月17日(土)が、3回目の
薬局訪問日でした。
・・・って、かなり堅苦しい表現ですけど、こういう場合何て言ったらいいんだろ?
病院だったら「通院」になるけど、薬局の場合って「通局」とは言わないしなぁ。
「小木尾先生との再会」とか・・・・・・。(ますますあり得ん)


とにもかくにも、3月17日(土)が3回目でした。
この日はダンナにも一緒に来てもらいました。

まず、基礎体温表を見ながらお話を。
実はここにも書いていなかったんですが(!)、3月9日(金)にリセットしていたんです。
手術直後の周期で46日かかっていたものが、前周期には38日にまで短縮されたことで、
私としてもかなりホッとしていました。が、ひとつ不安要素が。
漢方を飲み始めてから 36.4℃台あたりを推移し始めた体温を見て、てっきり
「おおー、漢方のおかげで低温期が上がったーっ!」と感激していたのですが、
そんな矢先に突然リセットしてしまったんです。
低温期だと思いこんでいたのが、実は高温期だったと気づいて、愕然とした私。
漢方を飲み始めたからと言って、即効性があるわけではないと頭では理解していても、
なんで??とショックの方が先に立っていました。


体温が思ったよりも上がらなかった不安な気持ちを小木尾先生にぶつけてみたところ、
先生はこうおっしゃいました。
「今回の高温期が低かったことで、今までの治療で使われていたホルモン剤が
すべて身体から抜けたことがわかった訳ですから、私はこれでよかったと思います。
それよりも、今回38日で生理がきたことの方が喜ぶべきことだと思います。
のび蔵さんのお身体は、順調すぎるほど順調に回復されていますよ」

さらに脈を取られ、「のび蔵さんは弦脈なのですが、前よりも右手の脈が強くなって
来ていますね。これは血の流れや量が増えているということです。いい傾向です」

これらの言葉を聞いて、安堵感から涙目になっていました。

が、先生の次の言葉で、別な意味で涙目になってしまった私。
「今後のことですが、あと3~6ヶ月は今の薬を継続して、まずはお身体を
立て直されるのがよろしいかと思います」

 え、えぇぇぇ?3~6ヶ月?
 6ヶ月とは、半年ってことですかぁぁぁ?

まずは2ヶ月と思っていたところに6ヶ月と言われてしまって、ここでまず動揺。

そして、「私としては1年かけて妊娠というのが一番理想的ですね」と言われて
 1年!! 1年って、そりゃ先生、長いよーっ!!
と、心の中ですっかり取り乱してしまった私。

そんな私の胸の内を見て取られたのか、小木尾先生は若干慌て 困ったような表情を。
ダンナはどう思っているんだろう・・・と思っていたら、それまで横で黙って
先生の話を聞いていたダンナが口を開きました。
「僕自身は全然焦ってはいないんですが、妻の方はなるべく早くという気持ちがあると
思います。例えばもう少し早く妊娠したいと言った場合に、漢方薬でそれを調整して
いただくことは可能なんでしょうか?」
「はい、そういったご要望があれば、それに添うように薬を調整して処方することも
できますので、ご夫婦のご要望をお聞かせいただけると有難いです」
と、先生。

私も「それほど焦っているつもりはなかったんですが、そこそこいい年齢でもあるので
6ヶ月とか1年とか言われるとちょっとびっくりしてしまって。まずは身体が回復して、
次こそは流産をしないのが一番なんですが・・・」と、ちょっぴり弁解してみました。
先生は「お気持ちはよくわかります。では少し強い薬も入れてみましょうか?」
提案してくださったものの、考えた結果 もう少し同じ薬で様子をみてみることに。

ただ、冷えと胃腸(胃腸が悪いとせっかくの薬が吸収できないので)を改善するために、
紅花胃腸薬を温経湯の中にプラスして入れてもらうことにしました。

それから先生は、耳のことを気にされていました。耳も腎の影響が出る器官で、
私の場合は「耳が身体の調子のバロメーター」でしょう、と。
(このときはよかったんですが、最近また仕事が忙しくなってきて耳の調子が芳しく
ないんです。。。忙しさのピークである4月の第1~2週。早く終わってほしいよ~)

この日のお値段は・・・
・温経湯 14日分 8,232円 (1日588円) ・・・朝昼夕食後30分頃50~100cc位を温めて


とりあえず温経湯海馬補腎丸で あと2~3ヶ月は様子をみることにしました。
また気持ちが変わったらその都度 先生には作戦を考えていただくことに。

春になって暖かくなったら、また赤ちゃん待ちを再開し、ほどなくして妊娠・・・
こんな夢のような展開を まるで少女のように甘く淡~い期待を持って妄想していた
学習能力の無い アホな年女の私。今回、先生が具体的な期間をおっしゃったことで、
その根拠の無い妄想ワールドから現実に引き戻された気がしました。
そして同時に、何を一番大切にしなければいけないのかも思い出しました。
まず一番は、流産しないこと。とにかくこれに尽きるんですよね。
とにかくこの壁を突破しない限りは、絶対に赤ちゃんはやってこない。
私の場合、期間だとか年齢だとか、そういうことにとらわれてはいけないんですよね。
(かと言って、のん気に構えすぎると あっという間にタイムリミットが来そうだけど)

ダンナと2人の今を楽しみつつ、気楽にやっていこうと思います♪

漢方薬局・2回目

こないだようやく漢方薬局でびゅーの話を書いたところだったんですが、
実は既に、漢方薬局さんには 3回 行っている私です・・・
早く現実に追いつかなくちゃーっ!

ってなことで、今日は3月3日(土)に行った 2回目のお話を。
前回 温経湯を出してもらったのが2週間分だったので、温経湯が切れるのに合わせ、
この日は私ひとりで 小木尾先生にお会いしてきました。
(先生のお名前は、あくまでも私の勝手なイメージによる仮名です。あしからず)

先生は基礎体温表をみながら、薬を飲み始めてからの体調についていくつか質問を。
そして舌を診て「前回より明るい色になってきていますね。いいことです。」と
おっしゃっていました。
煎じて飲む温経湯は、予想以上に苦く 今まで経験したことが無いほどのマズさだった
けれど、「なんとか飲んでます」と伝えたところ、舌の色も少し明るくなってきているし
身体に合っていると思うのでと、引き続き同じものを処方してもらうことになりました。

そして、前回出してもらった活命参を飲み切ったら、今度は海馬補腎丸という薬に
切り替えることになりました。
(海馬補腎丸の方が 若干家計に優しいお値段だったので、有難かったわぁ)
この薬は胃腸に重たいそうなので、私の場合は食後に飲んだ方がよいとのこと。
*海馬補腎丸:海馬(タツノオトシゴ)、鹿茸(雄鹿)、ヤモリ、海狗腎(オットセイの生殖器)等の動物性生薬9種、
朝鮮人参、当帰、地黄等の植物性生薬10種を配合し丸剤にしたもの。滋養強壮・生殖機能の減退を抑える効果あり


他力本願すぎるけれど、漢方薬を飲み始めれば冷え性の症状もよくなるかと漫然と
思っていた私。でも飲み始めてからもいっこうに足の冷えがよくならなかったので
小木尾先生にそれを話してみたところ、お灸足湯を勧められました。
お灸は煙の出ない手軽なものがあるので、それをお腹の真ん中のラインに沿って
おへその下に何ヶ所か据えてみるとよいとのこと。
足湯には、生薬の入浴剤を濃いめに煮出したものを少しずつ使ってみるとよいと。

この日のお値段は・・・
・温経湯 14日分 8,232円 (1日588円) ・・・朝昼夕食後30分頃100cc位を温めて
・海馬補腎丸 520丸 9,200円 ・・・朝昼夕食後30分頃6~8丸
・灸街道 60ヶ入 1,260円 ・・・冷えを感じたら据え、熱くなりすぎる前に取る
・ウチダ浴剤 50g 10包入 1,890円 ・・・冷えを感じたら使用



さてここで、《煎じ薬の作り方》について書いておきまーす。
(あくまでも私の場合ですが・・・)
 1. 土鍋か土瓶に 水600~700ccと温経湯1包を入れ、中火で沸騰させる
 2. 沸騰したら弱火にし、30~40分煎じる
 3. 冷めるまでそのまま放置し、10~20分したら煎じパックを取り出してできあがり


土鍋だとニオイや色も付くから他の料理に使えなくなりそうだし、おまけに薬を
移し替えるのに手間取りそうだからと、土瓶をホームセンターで2,500円くらいで購入。
最初は痛い出費だなぁと思ったけれど、使ってみるとやっぱり便利。
土瓶ナシの漢方生活なんて、今じゃ考えられません!!土瓶、ばんざーいっ!

負けたぁぁっ

みなさん、今季のドラマはなにをご覧になってました?

私は今季、『ハケンの品格』1本に絞って観ておりました~

最初は大泉洋ちゃん目当てだったものの、あのテンポのよさと突拍子もない設定に
すっかりハマり、ついに最初から最後まで舐めるように観てしまったというわけデス。
最終回に至っては、あまりにおもしろくて2回続けて観てしまったほど。

よくよく考えると、私ってば篠原涼子さんのドラマをかなりの確率で観ていたみたい。
「光とともに」「アットホームダッド」「アンフェア」そして今回の「ハケンの品格」。
うーん、どれもこれもよかったなぁ。

おっと、話が逸れました。
で、この「ハケンの品格」。
他の地域ではそうでもなかったと思うけれど、札幌地区では凄いことになってました。

初回から、あの「華麗なる一族」よりも視聴率がよかったんです!!
(あくまで ビデオリサーチ〈札幌地区〉での数字です)

ちなみに先週は
  1位「ハケンの品格」25.2%
  2位「華麗なる一族」24.2%

だったんです!!これってすごくない?

で、私ひとりで勝手に「最終回はどっちが上だ?」と盛り上がっていたんだけど・・・

お互いに最終回である今週は、負けちゃいました・・・
  1位「華麗なる一族」31.7%
  2位「ハケンの品格」26.3%


やっぱりキム○ク氏の底力は計り知れなかった・・・
キム○ク、おそるべし・・・
原作が山崎豊子さんだったから観たかったんだけど、どうもキャスティングに
惹かれなかったんだよなぁ。今さらだけど、原作を読もうかなぁ。
いやいや その前に、「ハケンの品格」最終回をもう一度 観ーよーうっと。
・・・・・・こんな私って、おバカすぎですか?

昨日は何の日?

ひさびさの投稿になっちゃいました。
いやぁー、一度怠けると本当にダメダメなワタシだわぁ・・・。
(これが怖くて毎日書いていた、というのもあったんだけど)
今月は記事がいくつ書けるのやら・・・

さてさて、みなさん 昨日は何の日でした?
谷原章介さんが入籍した日!とか言わないでくださいねーっ(マニアックすぎ?)

昨日 仕事から帰ってきてすぐ、ピンポーンと家のインターホンが鳴りました。
もともと来客が少ない我が家。
「N○Kの集金か、なにかのセールス?」と身構えながら出ると、宅急便のお兄さん。
「荷物が来る予定はないはず!」といぶかしげな顔でドアを開けると
ワタシの怪訝そうな顔に恐れおののいたのか、そこには
「観音屋・・・さんからお荷物ですが・・・」と
腰の引けた宅急便のお兄さんの姿がありました(笑)

観音屋さんと聞いて、ようやくピーンとくるものが。
先週あたりに、ダンナが ワタシに見せないように観音屋さんのHPを開いていたんです。
(注:観音屋さんとは、デンマークチーズケーキで有名な神戸の喫茶店。
   去年の秋に行った時の記事はコチラ

去年行ったときにダンナが大絶賛していたので、お取り寄せでもするのかなぁ~
なんて思っていたんですが・・・

「3/14」「観音屋」のキーワードで、
昨日が『ホワイトデー』だということにようやく気づきました。
うきゃーっ

キレイな赤い箱を開けると、そこには
    2007031501.jpg
   あのチーズケーキが、8つも!!

トースターで2~3分温めて とあったものの、我が家には単独のトースターがないため、
レンジで1分弱ほどチンしてみましたーっ
    2007031502.jpg
   う、う、うまそぉーっ

うーーーん、おいしいわぁ~

でも昨夜はイマイチ温め方が足りなかったみたい。
今日はもう少し長く温めてみるぞーっ

あと3つもある・・・ふっふっふ・・・

ちなみに、ワタシが先月のバレンタインデーにダンナにあげたのは、
いちご1バック(紅ほっぺ 698円)と、いちご味のポルテ(チョコレート)でした。
ダンナ、なんだか釣り合ってなくてごめんよーっ でも、ありがとー♪

みなさんのおうちでは、どんなホワイトデーを過ごされました?

漢方薬局でびゅー(しました)

*漢方薬局でびゅーするまでの記事はコチラをどうぞ*

2月に入って何度かメールでやりとりをしたり体温表を送ったりして、漢方薬局さんには
今までの経緯と現状などをある程度お話ししておきました。
薬局さんからは、「卵子の質を良化させる漢方薬は体質によって異なります。
中医学では気血不足で生じやすいので、周期療法のなかに気血不足を補う=有酸素状態を
上昇しやすくする。というようなことを取り入れられるとさらによいでしょう」
「基礎体温表から拝見させていただいたところ、私見ですが 今までの経験上
子宮頸管なども含め『膜』の状態に原因の一つがあるのではと想像できます。
あと黄体期もそうですが卵胞期の体温も低いようです」

というお返事をいただき、現状を打破してくれる一筋の光を見つけた思いがしました。

2月17日(土)にいざ薬局へ!9時頃、ダンナと二人で漢方薬局さんに到着~

そこにいらした薬剤師さん(以後 先生と呼びます)は、おぎやはぎの小木さんの
輪郭とまゆ毛に、フットボールアワーの岩尾くんの声と話し方をお持ちの、
優しそうな30代後半の方でした~(たとえがわかりにくいっ)
メールや電話では とっても腰が低い感じの先生だったんですが、
実際にお会いしてもその腰の低さはまったく変わらず・・・いえ、それ以上でした(笑)

私たちそれぞれに名刺を差し出され、まずは挨拶を。
その後ソファーに案内され、お茶まで出してくださいました。

まず、私から診てもらいました。
さまざまな質問をされ、先生は私が答えたこと全てをメモに取っておられました。
生理時や生理痛の様子から、手足は冷えるのに顔だけ火照ること、便通はよいものの
お腹を壊しやすいこと、以前耳の調子が悪くなりめまいを感じたので耳鼻科にかかったが
結局完治せず 今も忙しくなったりストレスを感じたりすると耳がふさがったようになる
ことなど、自分の身体に関することは くまなくお話ししました。

そして、脈を取り 顔と舌を診ながら、体温表をじっくりご覧になる先生。
脈からは気と胃腸が弱いこと、顔からは「気虚」、舌からは「水湿」という症状
であることを読み取られたとのこと。
気虚とは・・・生命活動を営む根源的なエネルギーである「気」が不足している状態
      疲れやすい・倦怠感・風邪を引きやすい・胃腸が弱い などの症状がある
水湿とは・・・水分代謝が上手くできず体内のあちこちに水分が停滞すること(水毒症状)
      むくみ・下痢・嘔吐・めまい・おりもの・冷え・身体の重だるさ など

そして「腎陽虚」の状態ではないかとのことでした。
 腎陽虚とは・・・腎ホルモン系の排尿機能の異常に、冷えの症状を伴ったもの

腎は 水分代謝を行ない、成長や生殖を担当し、耳・骨・歯の機能を維持する臓器
なのだそうです。

これまで3年ほど、病院でホルモン剤を服用したり注射したりしてもらっていた私。
ホルモン剤そのものは即効性があり、とても有効なものではあるけれど、
たとえて言えば「火」のようなものなのだそうです。
今の私は、火を燃やし尽くして 身体の中に燃やせる薪(まき)が 何もない状態。
その薪を貯めるために、漢方薬を使用してみましょうと。

メールの返事にもあったとおり、私の体温は特に低温期が低いと言われました。
中医学では、理想的な基礎体温は 低温期36.4℃台ー高温期36.7℃台なのだそう。
基礎体温も上げていった方がいいですねとのことでした。

そして、子づくり再開までに できれば少なくともあと2ヶ月は待った方がよいと。
血液が作られるには90~120日かかるし、もともと私にとって「冬」という季節は
とても身体に負担がかかっているのだそう。冬の厳しい寒さの中で、自分自身の生命を
維持するだけでエネルギーを使ってしまうのに、そんな負担のかかる冬の間に妊娠初期を
迎えるのは、私にとってあまりよいことではない というのがその理由です。
一般的に 妊娠するのに適している季節は、夏が終わったあとの「秋」なのだそうです。
私の場合はそこまで悠長に構えてはいられないので、せめて「春」まで待ちましょうと。

前の記事にも書いたとおり、私自身 回復してきているという実感が 心身共に湧いて
いなかったので、先生からのご提案にはとても気分が楽になりました。

そして、私の今の状態を診た上で 今回調剤してくださったのは、
温経湯をベースに、私に合わせて他にいくつかの薬をブレンドした煎じ薬
活命参動物性生薬の鹿茸と、強壮薬の紅参、植物性生薬の菟絲子・枸杞子を配合した滋養強壮剤)
の2種類でした。
まずは動物性生薬で身体にガーッと力をつけさせて、それを維持していきましょうと
いうことで、「動物性生薬はちょっと値段がお高めで申し訳ないんですが・・・」とさらに
腰を低くされながら、活命参を勧められました(笑)


そして、次はダンナの番です。
ダンナは、毎土日にハンドボールの練習に一番真面目に通っていて、チームの仲間から
『中年の星』と言われているほどのハンドボール○○。(○の中はお好きな言葉をどうぞ)
今までは怪我などしたことがなかったのが自慢だったのですが、ここ1~2年ほど
太ももやふくらはぎの肉離れがわりと頻繁に起きていました。
そして10年ほど前から、なぜか健康診断では肝機能の数値だけが高かったんだとか。
「顔や脈を診てもらっただけで、肉離れしていることがもしわかったら、
 仕事を辞めて先生に弟子入りする!」と薬局に来る前に冗談で言っていたダンナ。

ダンナの顔を診て、先生はひとことおっしゃいました。
「旦那様は『肝』ですね」

びっくりして顔を見合わせる私たちに、先生は「私には、旦那様のお顔が
青白く見えます。これは肝臓の機能が悪い証拠ですね」と。
ここ最近肉離れが多いことを言うと、フローチャートの「肝」の欄を指されました。
「肝」の欄には「筋」の文字がありました。
肝臓が悪いせいで肉離れも起きやすくなっているのだと。
目も充血しやすいのですが、それも肝臓からきているんだそうです。

ダンナは肝機能しか悪いところはなく、とにかく肝機能をよくするためにと、
牡蠣エキスの錠剤(栄養補助食品)を出してくださいました。

気になるお値段は・・・
・温経湯 14日分 8,232円 (1日588円) ・・・朝昼夕食後30分頃100cc位を温めて
・活命参 60包 21,000円 ・・・朝昼夕食後30分頃1包

・ワタナベオイスター 600粒 42,000円 ・・・1日10粒を目安に


うーん、保険が効かない分、やっぱりお高めだなぁ。
でも、これで元気になれるんだったらやってみる価値はあるかも。
しばらくは、私の1ヶ月の給料がそのまま漢方薬代になってしまうかもしれないけど、
そのために働くというのも モチベーションを上げるにはいいことかもしれません。

なんだか長くなってしまいましたが、我が家の漢方薬局でびゅーはこんな感じでした♪
最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたっ!

3月に入ってから。

みなさま、おひさしゅうございます。
気がつけば、3月も6日になっておりました。
3月に入ってからというもの、なんだか毎日がめまぐるしく過ぎております。

まず、私自身。
Fさん1人がいなくったって、たいして支障はないわいっ!なーんて高をくくって
いましたが、5分の1が欠けた穴というのは意外と大きかったみたい。
(Fさんが5分の1も働いていたかは この際 別問題)
このところ正職員のYさんがこの春で転勤になるので、その準備やらなにやらで
休むことが多く、となると実質3人しかいない。我が職場は最低3人いないと
まわらないので、もうこの時点で手一杯。3月に入ってからは、お客さんと電話を
捌くのにいっぱいいっぱいで、もうてんてこまいでした。

おまけに、20年ぶりのメガネ生活がこんなに不便なものだとは知りませんでした・・・。
普段はコンタクトを取った後、寝る前だけメガネをかけていたのだけど、その短時間なら
それほど見えないということはなかった。ということは、度は合っていないわけではない
筈なのに、しばらくかけていると全然見えなくなってしまうんです・・・。

お客さんの多さと 見えないイライラで、1日仕事が終わるともうグッタリの私でした。


そして、ダンナ。
3月1日の夜も残業で 22時過ぎに帰宅したダンナは、帰るなり
「風邪をひいたみたいだから早く寝る!」と宣言。
割と軽い感じで言っていたので、私もそれほど大事とは考えていなかったのだけど、
おでこやら首を触ってみるとかなり熱くなっていて、「こりゃ熱だ」ということに。

夜は、ダンナが起きたり着替えたりするときは私もお手伝いいたしましょうと心に決め
布団に入ったが最後、私は一度も起きることなく 気付けば朝を迎えておりました~
ダンナは着替えたり水分を摂ったりするために数回起き、しまいには腰と頭が痛くて
寝られなかったのだそう・・・
そんな辛い思いをしているダンナの横で、「ぐーすかぴー」といびき&歯ぎしりの
し放題で寝ていた妻って、人としてどうなの!??
面の皮の厚い こんな私をゆるして・・・

翌日はお昼で早退させてもらえたダンナ。病院に行くも「インフルエンザじゃないね」と
お尻に注射をされ 風邪薬を出されて、午後はひとり 家で寝てました。
ぐっすり寝たのがよかったのか、土曜日の友人の結婚式にはなんとか出席して余興も
しっかりこなしました。日曜日は午前中の練習に出た後、家に帰ってきて2人で昼寝。

ただ頭痛は続いていたようで、昨日は仕事の途中で脳神経外科に行かせてもらえた模様。
MRIも撮ってもらったけど特に異常はなかったようで、私としても安心しました。


あら?すっかり我が家の週末日記になってしまったわぁ~
こんなの読ませちゃってごめんなさぁーい(^^ゞ

そうそう、前に書いていたレーシックの検査。
私としては、気軽に4日の日曜日にでも行こうと勝手に思っていたんだけど、
検査の予約をしてみたら!19日(月)まで空いていないと言われちゃいました。
たまたま休みだったので その日に予約を入れてもらったけど、それまで2週間も
メガネ生活が続くと思うと、ちょっとうんざり気味です。。
ま、こればっかりは仕方がない。我慢してがんばりますわーっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。