のんびりのび蔵の縁側日記 2007年05月
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不覚!

いやぁー、不覚にもひさしぶりに風邪を引いちゃいました。

先週の金曜の夜に「ん?ちょっと喉が痛いぞ!?」と気がついていたのだけれど
「痛くない痛くない、気のせいだ」と無視することに決めたワタシ。
土曜はのど飴の代わりにスッパイマンを舐めて気を紛らせていたものの、
日曜は激痛に見舞われ 到底無視することができなくなってしまい、葛根湯を
飲んでひたすら寝てました。
そのおかげか、月曜の朝はオカマ声になってくれて喉痛も治まったと思ったんだけど。
「仕事をして気を紛らせてそのうち治す」という作戦はもろくも打ち砕かれ、
月曜の夜は、すっかり具合が悪くなって帰宅したのでした。

で、今日。
たまたま仕事が休みだったので、とにかく寝てました。おかげで今はパソコンに
向かえるほどに回復し、喉の痛みはほぼ取れたものの、今度は鼻水とくしゃみが・・・。
まぁ、喉さえ痛くなければ、まだ気持ちもラクってなもんですよ。
明日の朝、体調が悪化していなければ仕事に行ーこーうっと。

風邪を引いてしまったおかげで、まだ低温期真っ只中のはずの体温が
メチャメチャになっちまいました。昨日は36.78℃まで上がっちゃったよ。
ここ数ヶ月の中では最高記録です・・・とほほ。

東洋医学では「女性の身体は 7の倍数の年齢で変化する」と聞いたことがあります。
35歳から卵子の質が悪くなる確率が高くなるのも、それに伴って妊娠する確率も
悪くなるのも、マル高と言われてしまうのも、7の倍数だからなのかも。

思い起こしてみると、ワタシが初潮を迎えたのは14歳になる年だったし(遅咲き?)。
めったに熱なんか出さなかったのに、3~4ヶ月に一度は熱を出して2~3日寝込む
ということが起こり始めたのは28歳だったし。(野菜ジュースを飲むようになって
からは、めったなことでは風邪をひかなくなった!と信じているワタシです)
そして、いまのワタシが35歳。また少し、身体が変わりつつあるのかもしれないなぁ。

もうそろそろ いい加減に気合いを入れて、身体を鍛えながら いたわってやらないと!
と痛感した、のび蔵なのでした。
みなさんも、季節はずれの風邪にはご用心~っ
スポンサーサイト

今年もやってます♪

実は今年も、ひそかにベランダ菜園はじめてました。
今年は、去年と比べて1週間遅れの4月22日に種まきをしましたよん。

 4月22日(日) 種まき直後の様子
   2007042606.jpg
(左手前から)青じそ・モロヘイヤ・ほうれんそう・ガーデンレタスミックス・チンゲンサイ・万能ネギ

チンゲンサイと万能ネギ、モロヘイヤの種は、去年残ってしまったものを使用。
加えて今年は、ダンナの好きなほうれんそうにチャレンジしてみることにしました。
去年チンゲンサイを育てたプランターは すっかり子宝草ワールドになって
しまったので、今年はちょっと小さめの丸い鉢に蒔くことに。
ガーデンレタスミックスは、水やりのときに 水の勢いでかなり倒して駄目にして
しまった去年の反省から、種を少なめに蒔いてみました。


 4月26日(木)
  2007042607.jpg
 チンゲンサイは4日でこんなに元気に!

種の状態では発芽しないのに、土と水と光をあたえてやるだけですぐに芽が出て
くるんだから、植物ってすごいよなぁ~


 5月21日(月) 
  2007052102.jpg          2007052103.jpg
(左から)ほうれんそう・ガーデンレタスミックス    (左奥から時計回り)青じそ・チンゲンサイ・万能ネギ


そして、発芽に20℃以上の気温が必要なモロヘイヤは
「のび蔵お手製☆即席ビニールハウス」の中でぬくぬくとして育ってます。
(ただのラップに見える方は、メガネを新調すべし!)

  あまったれモロヘイヤ
  2007052104.jpg


今年はひさしぶりにミニトマトの苗(ミニキャロル)も買ってみました。
ホーマックで1つ78円のものを2つ購入
  2007052101.jpg



あとはバジルがほしいなぁ。
そして花もいくつか買いたいな(いつかほしいぞクレマチス!)

さらに、去年にもまして鳥たちの落とし物が増えてきたので(しかも量も増えてる!)、
鳥対策もしなくちゃと思っている、『ベランダ菜園ティスト』ののび蔵なのでした

予感的中。

4ヶ月ほど前に、保険会社様式の診断書を病院に書いてもらったら あんな紙切れ一枚に
5,250円も取られたという記事を書きました。(そのときの記事はコチラ

病院からはあの時点で「診断書ができました」と連絡を受けていたものの、私の方が
なかなか通院を再開しなかった(今もしてないけど)ため 取りに行けなかったのですが、
先日たまたま平日に札幌の街中に出る機会があり、ついでに取りに行ってきました。

以下、我ながら『長い!細かい!情けない!』お話が続きますが、よければどうぞ・・・

続きを読む

妄想週間

5月の頭に「2~3日に1度は記事を更新するのを目標に」
などと書いていたワタシでしたが、
先週はパソコンに向かうこと自体ができなくなっておりました。

それというのも、ザ☆想像妊娠 をしていたからなんです・・・。

高温期の6日目くらいから 右脚付け根痛が始まり、
その後ほどなくして 吐き気&ムカムカがやってきて、
高温期11日目頃からは カラ吐きが始まりました。
仕事中も、ちょっとしたニオイに「おえーっ」とやっておりました。

吐き気やムカムカは、生理前でもわりとあり得ることだったのですが、
右脚付け根痛とカラ吐きは 過去2度の妊娠時にしか起こらなかったので、
それほど上がらない体温のことなどサッサと棚に上げて
「これは絶対に、妊娠だ!!!」と確信しちゃってたんです・・・。

4月15日が最終生理開始日だからぁ、予定日は1月20日頃かぁ。
なんと1年で一番寒い時期に出産だぁ・・・
そういえば、前の会社で 大寒の日に生まれたから『大寒』という
名前をつけられちゃったっていうオジサンがいたよなぁ・・・

なーんてことまで考えたり思い出したりしちゃったりして。

妊娠検査薬も2回試していました。
最初は、絶対に反応が出ないことがわかりきっている高温期10日目頃。
このときはもちろん、真っ白。
2回目は、高温期14日目頃。このときはかなり経ってから蒸発線が細く出たのを、
まだHCGの量が少ないのねぇ~、なんて自分に都合のいいように解釈。
そして、その翌日の夜に茶オリがあってもまだ「着床出血かもしれない!」と。

・・・・・・なんたるポジティブ野郎なんざましょ。

そして茶オリから一夜明け、しっかりリセットとなりました。
ただ、ガッカリとか悔しいとか涙とか、そういうことは全くありませんでした。
ひたすら「なぜだ?」という思いばかり。
あんなにカラ吐きして気持ち悪かったのに、これじゃ『気持ち悪損』だよーっ

右脚付け根痛とカラ吐きがあっても、妊娠しているとは言えナイ。

・・・・・・とっても勉強になりました。

こんなこともあって、「適度に」がんばることに決めました(汗)

4周年記念日

本日は私たち夫婦の結婚4周年記念日。いよいよ5年目に突入~っ

4年目はいろんなことがあったけど、その分夫婦の結束も強まったのではないかと
私は思っちょります。最近はめっきりケンカもしなくなったし。
(って、月曜日にプチケンカしたけどさ。笑)
これもひとえに周りのみなさまのおかげと感謝しつつ、これからも仲良く楽しく
暮らしていけるようにするには、ひたすらお互いの努力あるのみですねぇ。ハイ。

さて、去年はワタシにしてはごちそうを作ったのですが、今年はちょっと息切れして
しまったので、我が家の近所にある和食のお店に行ってきました~っ

いつものように携帯での撮影で画像はよくないんですが、こんなごちそうを戴きました!

  2007051701.jpg   2007051702.jpg

おいしかった~っ もう、お腹いっぱい~

このお店には何度か行っていて、店長さんにもすっかり顔を覚えてもらった模様。
食後に「塩辛は食べられる?」と聞かれたので「はい」と答えたら、
これを渡されました・・・

      コレ
   2007051703.jpg

えーと、あのー、我が家は2人暮らしでして・・・
これはいくらなんでも多すぎるのでは・・・(笑)
週末に実家に持っていこうっと。妹の家にもお裾分けしなくちゃっ

と まぁ、素敵な4周年記念のプレゼントになりました

漢方薬局・5回目

黒い丸い玉を飲み始めてから2週間が経った4/14。漢方薬局に行ってきました。

この周期は、15日目辺りに一度排卵痛のような感覚と 体温の低い日がありました。
念のため150円の排卵検査薬を数日間試してみたところ、毎回うっすらと線が
出たため、「私にしてはちょっと早いけど、排卵したのかも!?」と思っていました。

が、前回薬局に行った直後の周期26日目に、体温が35.88℃までガクンと下がり、
その後2日で36.63℃まで急上昇したのです。
ボヤボヤしていた私は、このタイミングで排卵検査薬を試してみることを失念。
でも小木尾先生はこの上がり方を見て、「排卵はここ(26日目辺り)ですね」と。

排卵後は、お腹をこわせば36.3℃台まで下がったり 調子が良くなれば36.5℃台まで
上がったりと、相変わらずのガタガタ路線を辿っていた私でしたが、高温期のような
ものもなんとか10日くらいは続き、劇的に改善されたとは言えないまでも
遠目で見ればなんとなーく 2層に分かれるようになってきました(遠目かよ・・・)

小木尾先生は、この26日目の体温の潔い下がり方と その後の急激な上がり方を見て
とても感心されたようで「これはいい兆候ですねぇ~」と何度も繰り返されていました。

そして、先生からこのようなお言葉が。
「次の周期から、チャレンジを始めてみましょうか」

初めて漢方薬局を訪れた日、先生は「理想の体温は低温期36.4℃台ー高温期36.7℃台」
とおっしゃっていました。もちろん、このくらい体温が上がれば理想的なのだそう。
ただ ここまで上がらなくても、きちんと排卵して 体温が2層に分かれてさえいれば、
妊娠は可能なのだとか。今回 先生は、なんとか排卵らしいものが見られたことで、
私の身体がかなり回復してきていると確信されたようでした。
今後も漢方で身体作りをしながら、赤ちゃん待ちを再開しましょうと。

前に「半年から1年は様子をみて」と言われていたので、先生からのこのお話は
私にとっては とても嬉しく、思わず小躍りしたくなるほどでした。
季節がよくなってきたことも、私の身体にはプラスに作用したのかもしれないとも
思います。暖かくなってきたというだけで、気持ちも明るくなるしね。
ただスタートラインに戻ってきたというだけなのに、また位置につけることが
こんなに嬉しく 有難いことだとは、思ってもみませんでした。

よーし、また がんばるぞ~っ
と、鼻息も荒く再出発した、のび蔵なのでした。
ただし、今後は適度に、ね。


この日の薬とお値段は・・・
・温経湯 14日分 8,232円(1日588円)・・・朝昼夕食後30分頃50~100cc位を温め服用
・参茸補血丸 14丸 5,884円 (1丸@421)・・・1日1丸を食事中などに食べる

・六君子湯 42包 2,214円・・・朝昼夕食後服用:胃腸の働きを良くし、水分の停滞を改善

( ↑ 保険が効くのでダンナの職場にて購入するよう勧められた。笑)

漢方薬局・4回目

目の手術を受けた日、2時間ほどの外出時間に漢方薬局まで行ってきました。
ただ、眼科と漢方薬局がとっても遠かったので、実際にはかなりハード。
我ながら無茶苦茶な計画だったなぁ、と反省することしきりでした(苦笑)
もうこんな綱渡りは止めよう・・・

保護メガネをかけた奇妙な格好で、息を切らしながら薬局に到着。
挨拶もそこそこに、小木尾先生に体温表を見せながら お腹がゆるいことを訴える。
(手術の緊張もあったためなのか、前日から ゆるいどころか下痢気味だったのだ)
しばらく体温表を見ていた先生、「なかなか体温が上がりませんねぇ。
もしかしたら、手術のときに内膜に傷が付いてしまったのかもしれません。
お腹を下しているのも体温が上がらない原因でしょうね。のび蔵さんには、
海馬補腎丸は強すぎるのかもしれませんね・・・」


せっかくよい薬を身体に入れようとしても、お腹を壊してしまっては台無し。
薬の成分が、吸収されずにすべて体外に出てしまうのだそう。
胃腸の弱い私の身体には、一番最初に処方してもらった活命参が合っているものの、
これはちょっと値段が高すぎるということで、活命参と海馬補腎丸の中間の薬を
出してもらうことにしたのですが・・・

その薬・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は 丸剤というタイプの薬で、
世にも奇妙な 黒くて丸い物体だったんです・・・

     これが黒い物体だ!下のつまようじと大きさを比べてみてね。
    2007042605.jpg

最初にこれを小木尾先生に見せられたとき、
「えーと、先生、これは薬・・・ですか?」と真顔で聞いてしまったほど。
まさか、お腹に塗りたくるとかそういうことではないだろう、と思ったものの
「えーと、これを、どうするんですか?」と聞いてみると、
「食べるんです」と先生。
「これを・・・食べる・・・??」まるで狐に化かされたような顔をしている私に、
「割と柔らかいものなので、半分に割って味噌汁に入れると溶けて食べやすいですよ。
1つが1日の量なので、朝晩に分けて食べられてもかまいません。味は甘苦くて、
私は結構イケる味だと思うんですよね~」
と笑顔で先生。

こんな黒い物体を食べるなんて、ここまでディープな世界に入り込んでしまって、
本当に大丈夫なのか?私??
一抹の不安が頭をよぎった頃、仕事が終わったダンナが薬局にやってきてくれました。

「今度はこの黒い物体を食べるんだって・・・」とダンナにこっそりささやくと、
「おおおー、丸剤!実物は初めて見た~」と意外にもちょっと感激している模様。
この黒い玉、食べるのは私なんだなぁ・・・と、しみじみ感じました(笑)

黒い玉を食べることになったので、残った海馬補腎丸は小木尾先生が買い取って
くださることになりました。んまぁ、どこまで良心的なんだぁ~っ

煎じ薬の温経湯は 整腸作用のある薬をさらにプラスしてもらって、引き続き服用。
これに、先生が無料でくださった八味地黄丸(はちみじおうがん)のサンプル品も
合わせて飲んでみることになりました。

ここで私は目の術後検診の時間が迫ってきたため、小木尾先生のもとを辞しました。
あとの説明と支払いはダンナに任せ、再び小走りで眼科を目指す 怪しい保護メガネ女。

この日の薬とお値段は・・・
・温経湯 14日分 8,232円(1日588円)・・・朝昼夕食後30分頃50~100cc位を温め服用
・参茸補血丸 14丸 5,884円 (1丸@421)・・・1日1丸を食事中などに食べる
・八味地黄丸・・・夕食後に服用(お腹を壊したら量を減らす)



このたび新しく登場した、参茸補血丸という名の黒い玉。
初日は、甘いのに苦く後味も悪くて 食べるのに苦戦しました。
後味がなかなか消えなくて、思わず牛乳を飲んでしまったほど。
でもこれがだんだん美味しく感じてくるんですから、慣れというのは恐ろしいもの。
しばらくは味噌汁に入れて柔らかくして 味噌汁で味を消しながら食べていましたが、
今じゃ そのまま口に放り込み、水と一緒に飲み下すことができるまでになり、
小木尾先生が「意外とイケる」と言っていたお気持ちがわかるようになりました♪
それにしてもこの薬。柔らかさを保持するため、こんな風に1つずつ箱に入っています。
 2007042603.jpg  2007042604.jpg
プラスチックの玉の表面に鑞封(ロウでコーティング)がしてあり、それを割って中身を取り出すの。

いやぁ ホントに、漢方薬って奥が深いなぁ・・・

ビバ☆裸眼生活☆

今回の高額な手術代。ワタシはポイントを稼ぐためクレジットカードで支払いました。
でも今回使ったカードは、作ってまだ2~3年。そんなカードでは、とてもじゃないけど
限度額だってたいしたこたぁありません。そこでワタシが取った手段、それは
『一時的に限度額の枠を引き上げてもらう』ことでした。
みなさんもご経験があるでしょうが、カード会社に電話をして「いつ どこで いくら」
支出する予定があるかをお知らせすると、期間限定で枠が増やしてもらえるんです。
おかげで当日「お支払いは?」「1回で」と我ながらカッコよく、カードを切ることが
できました~!?さーて、どれくらいポイントがつくかしらね・・・

さて、裸眼への道・最終章でございます。
前回は痛がらせてしまいましたが、さらに今回はちょっと愚痴が入ってます・・・。
そんなのび蔵の愚痴におつき合いいただけるというそこのアナタだけ、続きをどうぞ!!

続きを読む

裸眼生活まであと一歩。

費用が予想以上のものになってしまい、ちょっと腰が引けてしまったワタシでしたが、
ためしに1DAYの使い捨てコンタクトを今後使うことを想定してみることに。
1ヶ月に両目で5,000円かかるとすると1年で60,000円。
であれば、8年以上使えばもとが取れることになるんですよね~。
そう考えればそれほど高い気がしなくなってきました。
ダンナからも待ったはかからなかったし、前の記事にも書いた通り角膜の厚さも
心配だったため、結局手術に踏み切ったのでした。

それでは、屈折矯正手術当日のお話~フタ作成まで~を。

続きを読む

裸眼への道

みなさまこんにちは。いやぁ~、5月になっちまいましたね。
4月は結局1日しか記事をUPできず、なんとも情けないことに・・・。
実はコツコツと記事を書いてはいたのですが、「全部書けたら一気に更新しよう!」
などと壮大なこと(?)を考えているうちに、記事は全て中途半端でどれも完成せず、
いつまでたってもひとつも更新できない・・・という悪循環に陥っておりました。
ワタシの性格の1つである、『根拠のない完璧主義』が仇になった模様です(反省)
おまけに こんなに書かずにいると、自分のブログであるにもかかわらず
UPするタイミングがわからなくなり、まるで大縄跳びに入るタイミングが掴めない
子どものような状態に(汗)。いったいなんなんでしょうねぇ。
ま、5月はあまり気負わず、せめて2~3日に一度は更新することを目標に、
がんばりまーす♪

さて、みなさんお待ちかね、屈折矯正手術のお話ですっ
といっても、まずは検査から手術を受けるまでですが・・・
(焦らすなーっ!って どつかれそうだわぁ。ごめんなさーいっ)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。