のんびりのび蔵の縁側日記 2008年06月
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ザ・マジックアワー」

高校生の頃から三谷幸喜&小林聡美夫妻が大好きな私。
(もちろんその頃はまだ夫妻じゃないけどさ)
なので、今回の映画『ザ・マジックアワー』も必ず観るぞ!と
決意だけは固めていたものの、なかなか観に行くことができず。
でもようやく昨夜、ダンナとレイトショーで観てきました~

三谷幸喜さんは大好きだけれど、監督作品となるとどうも期待が大きすぎてしまう
のか、なかなか満ち足りた気持ちで映画館を後にすることができなかったんです。
今までの三谷監督作品の中では一番最初の『ラヂオの時間』が一番おもしろく感じ、
徐々におもしろさが薄れていくような印象しかなくて。

特に 前作『THE有頂天ホテル』はドタバタのイメージしかなかったので、
誠に失礼ながら今回はまったく期待をしないで観に行ってみたら・・・

おもしろかった!!
素直に楽しめました~っ!


と言っても、常時 爆笑しっぱなしというわけではなく、クスクス笑いの方が
圧倒的に多かった気はするけれど、クスクス笑いで映画館の空気が温まった頃に
ドカーンと大きな笑いが来て ラストを迎えられたので、満足度が高かったです!

途中で佐藤浩市さん演じる村田と一緒にウルッと涙してしまったところもあり、
笑いだけではない なにか暖かいものも感じることができました♪

ぜひご覧あれ~っ!
あ、でも、あまり期待しないで観に行った方がおもしろく感じるので
オススメですよ~(笑)
スポンサーサイト

要らんっ!

毎月26日は、近所のスーパーSの「感謝デー」。
この日に買い物をすると、その金額にかかわらず 粗品がもらえちゃうので
結構ありがたく利用しています。

このブログにも、いただいた戦利品の写真を過去に何度か載せましたが、
割り箸・爪楊枝・そうめん・ゴミ袋・軍手・うどん・お菓子などなど。
先月は食器洗い用ネットスポンジなんかいただいちゃって、ウハウハな
気分で帰ったこともあり、今月もたいそう期待をしていたんですが・・・


レジに並んだら、今月の粗品が隊列をなして鎮座しているお姿が
チラッと見えたんです。

・・・ま、ま、まさか。
・・・・・・あれなら、要らんわい・・・

もう、この時点で「カゴに入れた商品を全部棚に返して帰ろかな」と
真剣に私に思わせた、その品物とは!

    コレです、コレ!
       
  


そう、夏の必需品・うちわでした・・・

2人家族で12コ目。ひとり当たり6コずつ・・・。
そんなに使えないっつーのっ!

やさぐれて・・・夏至。

今周期の高温期は、ひさしぶりに36.7℃台で体温が安定していました。
そして身体はいつもポカポカ。というより汗でいつもベタベタ。(汗←文字通りだな)
特に寝汗がひどく、朝はドロドロ状態でいつも爽やかな目覚めでございました。

となるとやはり、特に調子に乗りやすいワタシとしては当然のように、
期待と断定で 頭の中は凝り固まっちゃうわけでして。

「仕事は8月いっぱいまで続けようかなァ~♪」とか、
「2月生まれかァ。寒いだろうなァ~☆」などと、また脳内独り芝居を繰り広げて
おりました。(ま、今回は自主的にだいぶ規模を縮小しましたけどね。笑)

が、今週の水曜日に突然36.4℃台までガクッと体温が下がってしまったではない
ですか! んもう、この日はやさぐれましたね~。職場でも心の中で もの凄く
イライラしてました。
まぁ このイライラは、4月から異動してきた上司のせいで倍増してもいるんですけどね。
(この件についてはまた日を改めて聞いていただきますっ!)

なんでこうも妊娠しない!?
我が家に来たい子は誰もいないのか???
こんなに真面目に生きているつもりなのに、いったい何をしたって言うんだぁーっ!?
妹も治療しているのに、姉妹ともども撃沈って、どういうことさ???
無性に腹が立ってやりきれなくて情けなくて不甲斐なくて、本当にイライラしてました。

それから3日経ち。
ようやく平穏と諦観が私の心を占めるようになった夏至の今日、
リセットとなりました~。今周期は結局35日で終了しました。

新しい周期はどういう作戦で行こうかな。
なにか、治療とは全く関係のないなにかを始めた方がいいのかな。
とりあえず、脳内独り芝居は封印しようかな(苦笑)



話はガラリと変わり。
今朝は、チキンのトマト煮込みが少し残っていたので それを使い切るべく、
そして 妹がいつも美味しそうなものを作っているのに感化されたのもあって、
ひさしぶりにピザを焼きました~。

生地は強力粉とドライイーストから。でも、レンジを駆使した簡単な方法で、なんです。

  2008062101.jpg    2008062102.jpg
左:ふっくらピザ(チキンのトマト煮込みソースとコーン) 右:パリパリピザ(塩昆布とパルメザンチーズ)

パリパリピザは初めて作ってみたけど、パリパリには焼きがちょっと足りなかった
ようでした。塩昆布も若干量が多かったしな。
ダンナは美味しいと言って食べてくれたけど、まだまだ修行が必要だなぁ。

エコについて ちょびっと考えた日。

前回の記事とちょっと前後して、先週の火曜日(6/10)のことなんですが・・・
Re-Style LIVE Vol.5 というライブイベントに、ダンナと2人で行ってきました。

このイベント、エンターテインメントを通じて環境問題を考えるというもので、
今年で5回目なんだとか。毎回東京のみの開催なのですが、今年は洞爺湖サミットが
行われるということで、札幌もその恩恵にあずかれたというもの。
エコに関する20の問題に答えられた人が、無料で招待してもらえるイベントなんです。
(さらにその中から抽選があったのやもしれぬが・・・)

私たち夫婦はこのイベントのことを、今回の司会でもありエコDJの やまだひさし氏と
TEAM NACSの音尾琢真くんの2人が北海道でやっている『素晴らしい世界』という
番組で知りました。この番組、やまだ氏がゲストを呼んでのトークと音尾くんが
繰り広げるドラマの2部構成なんですが、これがおもしろいんですよねぇ~。
北海道でしか放送していないのが残念。さすが『水曜どうでしょう』を世に
送り出した局の深夜番組ですな。
おっと、話が逸れたので戻しましょう。

イベントの内容は、3組のアーティストによるミニライブ&TEAM NACSによる朗読劇、
そしてそれぞれのステージセッティングの合間に行われた『エコ黄門』なる寸劇(?)
によってエコについて考えるというものでした。
ライブに必要な電力も、地球に優しい風力発電によって起こされたものを買い取って
使用したり、極力ゴミを出さないように演者さんやスタッフさんのお弁当を止めて
ケータリングシステムを入れたり、と徹底してエコに努めたんだそう。
裏紙を使用することはもちろん、チケットも発行せずに携帯電話のQRコードで
済ませたり、全員にチラシを配布するのも止めたんだとか。

6/10の札幌会場に来てくれた3組のアーティストは、福原美穂ちゃんと
Orange Pekoe、ONE☆DRAFT。(失礼ながら美穂ちゃん以外の2組は存じ上げ
なかったんですが)それぞれ2~3曲披露してくれ、こんな私でも楽しめました。
ONE☆DRAFTの方が「1人ひとりが やれマイ箸だ やれエコバッグだと言った
ところで世界が変わるとは思えない」
と話し始めたのには「おいおい、この
イベントでその発言はNGなのでは?」とビックリしたけれど、
「1人ひとりのちっぽけなエコ活動よりも、やっぱり平和が地球にとって
一番のエコ
なんだと思う」
と話をまとめた時にはグッときました。

鈴井貴之氏、TEAM NACS、オクラホマ、ほかOffice CUEのメンバーによる朗読劇は、
当時12歳だったカナダ人少女セヴァン・スズキさんが 1992年にリオデジャネイロ
環境サミットで発表したスピーチを題材にしていました。
この伝説的なスピーチのことは、学生だった当時 私もなんとなーく耳にしたことが
あったように思うのですが、そのスピーチにもっと着目し、より深く掘り下げて
考えたりすることもなく、恥ずかしながら今の今までよく知らずにいました。
でもこの16年前のスピーチは、内容的に全く時間の経過を感じさせるものでは
ありませんでした。彼女が提言した16年前から、私たちは地球破壊化を加速させる
ばかりで、いったいなにをしてきたのだろう・・・。ハッとさせられました。

今回のイベントは、「エコについて自分ができることを改めて考え直す」
よいきっかけになったと思います。
※このイベントの模様は、近日中に『素晴らしい世界』の中でオンエアされる
そうです。ただ、来週以降~1年以内の間でいつになるのかは謎ですが・・・



エコについては昔から気になっていた私。というのも小さな頃から母親にはよく
「経済しなさい!(経済=節約)と注意されていたから。
お風呂や食器洗い等で使う水の量は最小限に抑え、使っていない家電は電源を切る
など、ごく当たり前のことではあるけれど、これをことあるごとに言われてきた私は
そういう意識が自然としみついたものです。まぁ、母としてはエコを考えてというより
家計節約の方に重きを置いて、口が酸っぱくなるほど言っていたんでしょうけど。
でも、エコ=節約 という考え方で間違ってはいないと思うんですよね。

さて、私が今していることと言えば・・・(↑以下は導入のきっかけ)
・週末の買い物には必ずエコバッグ(店のカゴの大きさと同じもの)を持参する
  ↑商品を移し替えるのは面倒だし合理的でないと思ったから
・生ゴミ処理機でゴミを減らし、処理物は肥料として利用する
  ↑生ゴミの臭さと涌いてくる小バエに嫌気がさしたので
・食器洗いは食器洗浄機を使う
  ↑いくら家族2人分とはいえ、毎日食器を洗うことに腹が立ってきたため(!)

すぐに思いつく大きなことはこれくらいしかありませんが、きっかけはエコとは
かけ離れていても、結果的にエコに繋がることだからよしと考えています。
(ポジティブすぎ!?)
まぁ、生ゴミ処理機も食洗機も結局は電力に頼っているわけで、真のエコでは
ないから あんまりえらそうなことは言えないんだけどさ・・・
こうやってパソコンを長時間使っているのも、電力を使うわけだし。

となると次は、電気をおこす!
次なる目標は、これしかありません!!
やっぱり手っ取り早いのは太陽光エネルギーかなぁ。。。

自分の子どもや孫たちに、今と同じ風景を見せてあげられるように。
小さなことでも、少しでも、できることはしなければならないと痛感した一日でした。



おまけに。

セヴァン・スズキさんの名前で検索をしていたら、前述の 伝説のスピーチの
映像にたどりつきました。字幕に日本語訳が出てきますので、ちょっと読みにくい
けれど よかったらご覧ください。

伝説のスピーチ 環境サミット@リオ


この堂々とした素晴らしいスピーチの中で、
どうやって直すのか わからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。
If you don't know how to fix it, please stop breaking it.

特にこのフレーズが、グサッと胸に刺さりました。

そして、この伝説のスピーチは本にもなっているそうです。
    anatagasekaiwokaeruhi.jpg
 「あなたが世界を変える日」
 セヴァン・カリス=スズキ/著 ナマケモノ倶楽部/編・訳

セヴァン・スズキさんは、いま現在も環境問題に取り組んでいらっしゃるようです。
著作もいくつかあるらしいので、週末に本屋さんに探しにいこうっと。


そして。
チーム・マイナス6%のメンバー登録をして、かわいいバナーももらったのですが・・・
   http://www.team-6.jp/index.html
バナーが貼れず、苦肉の策で画像貼り付けからやってみたのですが、
なんとこの状態からでは(当たり前だけど)HPに飛べません・・・(滝汗)
どーしたらよかったんだーっ!?

ひさびさの定山渓

6/12(木)~13(金)は、我が家三姉妹で定山渓温泉に行ってきました~。
※注:我が家の三姉妹とは・・・母、妹、私の三人のことでやんす。

本当は、東京に住む伯母(母の姉)がこの日から5日間遊びに来る予定だったので、
平日に女ばかり4人で行っちゃおう!という計画を立てていたのだけど・・・
なんだかんだいろいろとあって、伯母の来道が急遽キャンセルとなってしまい、
せっかく休みも予約も取っていたため3人で行ってきたというわけだったんです。

お昼頃に妹の家に集合し、いざ定山渓へ!

途中で、妹がオススメする藤野のカレー屋さん『カラバト・カリー』でランチ。
チキンしか入ってない?と思えるほどよく煮込まれたルーは、トマトや沢山の香辛料の
おかげで 食べ始めはとっつき易いのに、飲み込むと結構な辛さがやってくるという
絶妙な味わい。サラダとチャイが付いて780円は、良心的なお値段でございました。
(お店の詳細&カレーの写真はコチラのブログでご覧あれ)

13時過ぎには定山渓に到着し、ホテルの駐車場に車を停めてから近くを散策。
まず定山渓ビューホテルに近い『太郎の湯』という足湯に入る。
最初に足を入れた母が、まるで熱湯に入れられた出川よろしく「熱いっ!熱いっ!!」
と飛び上がった。「またまた、大袈裟なんだから~」と思ったら、本当に熱い。
なんと源泉は60~70℃あるらしい。温度調節のためにホースが引き込まれている
ので、入る際には水を足しながら慎重に湯加減をみることをオススメしまーす。



その後、自然や草木を愛でながら我々が向かった先は、
温泉街から少し外れた『カフェ 崖の上』
雑誌にも載っていて、私が非常に気になっていたところだったので、
母&妹も巻き込み 歩いて行ってみた。

定山渓から朝里に向かう道路沿いにあるこのお店は、海上コンテナハウスを
使った細長い小さなお店。

2008061202.jpg 2008061201.jpg 2008061203.jpg
赤い扉が可愛い。窓も大きく取ってあります。
建物の向こう1/3は地面に接してないのでは?と、危うい感じがします・・・

中に入ると、想像以上にこぢんまりしていて、2人席が4卓。
建物の左側には窓が大きく取ってあって、緑が目に優しい感じ。
そして!建物の一番奥が、こちらのカフェの醍醐味。
一面が窓になっていて、すぐ下は崖&川が流れているんですーっ!
   2008061204.jpg
ガラスに反射しちゃってかなり見づらいけど・・・堪忍して~。

   2008061205.jpg  2008061206.jpg
こんなにこぢんまりしたところだけれど、メニューは意外と豊富。
ただ、この日はプリンやゼリー類が無く、ケーキも午前に無くなったとのことで
あと4種類しかなかったのが残念。
私はケーキセット(苺ベイクドチーズケーキ&コーヒー)を頼みました。
苺の酸味が利いていて全然甘すぎず、美味しかったーっ
そして器は益子焼のものを使っていて、かわいかったです。
(器はいくつかお店の中で展示&販売もされています)

こちらのお店は、みんなでワイワイというより、少人数でこっそり愉しむのが
オススメです。(3人でもギリギリだった気がする・・・笑)



そしてようやく今宵の宿・定山渓第一寶亭留 翠山亭へ。
こちらのホテルは サービスのよさと食事の美味しさが我が妹のオススメで、
何度も訪れているほどの気に入りよう。
私と母は今回初めてだったので、とても楽しみにしていた。
伯母が来られなかったのが 返す返すも残念だったなぁ・・・

   2008061207.jpg  2008061208.jpg
        前菜盛り合わせと お造り(3人前)
 
このほかに、備長炭の焼き物あり、お鍋あり、お蕎麦に湯葉蒟蒻のサラダに
山菜の漬け物にスイーツに・・・と盛り沢山で、おまけに全部美味しゅうございました。

サービス面でも妹の評価どおり、 働いている方もみな感じがよく 気配りが
行き届いていて、気持ちよく過ごすことができました。
 
   2008061209.jpg
丁子染の足袋靴下も置いてありました~。
※注:丁子とは・・・フトモモ科の植物で、古来から薬用・香水・香染・スパイス・防虫などに用いられてきた
のだそう。靴下を履いてみると、スーッとして気持ちがよかったです~っ


平日でお客さんの数もそれほど多くなく、お風呂にもゆーったり浸かれたし、
美味しいご飯もお腹いっぱい頂いたし、まさに至福のひとときでした~っ
ちなみに朝ご飯はバイキングスタイルだったのですが、こちらも美味でした♪
炭火で魚(ホッケ&鮭)や パンを焼いてくれていたのが印象的。おいしかった~。

今度はダンナたち男性陣も一緒に来たいですなぁ。。

「ゴロリともりのレストラン」かとう まふみ

かとう まふみちゃんの本のご紹介~♪
ちょーっと、発刊間隔が狭くなってきてるんじゃない~っ!?きゃーっ


ゴロリともりのレストラン 【岩崎書店】

    gororitomorinoresutoran.jpg

ゴロリは、なまけもので、くいしんぼうのカエル。おなかがすいたので、
今日も森へでかけます。すると、みたこともないレストランがありました。
ゴロリは、よろこんでレストランにはいります。
おいしい料理が、つぎつぎにでてきました!

すきなものが つぎつぎでてくる すてきなレストラン
おなかいっぱいに なったのですが・・・・
せすじが ぞ~っとするえほん
  
(帯装より)


『せすじが ぞ~っとするえほん』って、どんな絵本なの~っ?
と おっかなびっくり読んでみました。
読み終わったときは「そんなに怖くないかも?」と思ったのですが、
よくよく考えてみると、たしかに怖い。うん、怖い。
ゴロリはもう、戻れないのかな・・・(涙)

ひばり効果

本日無事に、通算5回目のAIHを受けてきました。

先生からは「何時に来てもいいよ~」と言われていたけれど、例の年配看護師さんから
「土曜日は混むから朝イチで来た方がいいと思うよ」と言われていて、いったい何時に
行くのがベストなんだろう・・・と考えていた私たち。
診察開始は9時からで、病院は8時半から開いているものの 9時間際にならないと
受付は開かない・・・ってことは、精鋭たちを持ってあまり早く行っても待たされる
だけでは・・・?

ということで、9時間際に着くようにダンナに送ってもらって病院に着いたのですが・・・
土曜日の混み様は、尋常じゃなかった・・・・・・

8時50分頃から待って、AIHを受けるため内診室に呼ばれたのが、11時すぎ。
AIH後、先生と話をするために11時半ごろから診察室前で待ち始めたものの、
そこからがまた長く、それからなんと1時間強待たされました。結局 薬局を出たのは
13時10分頃。AIHだけで4時間強かぁ・・・おそるべし土曜日・・・・・・

AIH後に待たされたのは想定外。どうも忘れられてた気がしてならないんだけど・・・
ま、これは私の勝手な推測ですがね。我ながら存在感薄いから、仕方ないかぁ(笑)
おかげで本も一冊読めたしね。ダンナは好むと好まざるとにかかわらず、強制的に
スロットしながら待っててもらったので申し訳なかったけど。



ぼやきはこれくらいにして、本日の治療内容について。

精鋭たちの注入作業が始まり、そういや前回はここから太ももや下腹が痛くなった
んだよなぁ
と思い出した私は、さっそく脳内ローテーションを開始。
♪あ~あ~~、川の流れのよう~に~♪と頭の中で唄い始めると、余計な身体の緊張が
ほぐれ、痛みも全然感じなくなりました。そうこうしているうちに、AIHは意外と早く
終わったのでした。。
まぁ、今回はたまたま痛くなかったんだろうけれど、それでもひばり効果ってあるかも!
と、感心しながら内診台から降りた私でした(笑)

【本日の診察】
・既に排卵した模様
・ダンナの精鋭たちは前回よりもさらに成績がよかったとのこと

【本日の処置・処方】
HCG5000単位
6/9から10日間分のデュファストン
  クラシエ柴苓湯エキス細粒 21日分

【今後の予定】
・生理がこなければ、6/28以降に受診
・生理がきたら、周期12日目頃に受診

【本日のお会計】
・診察:保険分2,030円 保険適用外(AIH)5,000円 ダンナ保険分530円
・薬: 保険分3,080円


今日はいいだけ混んでいて、先生もゆっくり話せるような雰囲気ではなかったため、
前回のように画面を見ながらいろいろ教えてくれる・・・といったことはありません
でしたが、なんとか無事に終わってよかった。
先生も1人であれだけの患者さんを捌くのは大変だろうなぁ・・・。
いつかこの病院を卒業する暁には、ぜひ栄養ドリンクの差し入れをしてあげたい!
と思った私なのでした。

明日のヘビーローテーション。

みなさま こんばんは。
いやぁ、あれから風邪がまた ぶり返しましてね、
月曜日に仕事に行ったら 具合がもンのすごく悪くなって帰って来ちゃいました。
その日は夜9時頃にはもう寝る支度を始め、11時には床に就いたかな。(支度長すぎ)
でもそのおかげで、その日を境にだいぶ体調が持ち直しはじめ、ようやく治りマシタ。
具合悪いときは黙って寝とけっ!ってなもんですな。ハイ。



さて、今日は病院に行って参りましたので、その記録を。

今朝も前回と同じ時間のバスに乗って出かけたものの、金曜日だからなのか
着いたら8番目でした~。出遅れたか・・・と思ったものの、終わったのは
10時50分くらい。2時間ちょっとなら、早いもんです。

【本日の診察】
・卵胞:・・・たしか17.9mmくらいだったかな?
      (先生が卵胞の画面を見せてくれた時にチラ見で確認)
・内膜:7.7mm
・頸管粘液:よし

「風邪ひいちゃったみたいだけど、無事に排卵しそうだね~。
  で、今回はAIHどうする?」
「ぜひお願いしますっ!!」
 ということで、明日AIHとなりました。
  
【本日の処置】
HCG5000単位

【今後の予定】
6/7(土)AIH 時間は何時でもよいとのこと

【お会計】
・診察:保険分1,980円

卵胞がまだちょっと小さいような気もしたけれど、先生がパパッと測った数値を
チラ見しただけだし、あんまり細かいことは気にしないようにしーよーうっと。

前の病院のM先生は詳しく基礎体温表に書き込んでくれたので、自分の状態が
よくわかったし、ダンナに説明を求められてもスラスラ答えられたものでした。
今の先生は、基本的に「細かいことは気にしない」というスタンスのようで、
たまに「ん?」と思うこともあります。でも前のM先生でしっかりこの治療の
基礎を教えてもらって自分自身にも少しは知恵がついたのか、全然気になりません。
ってか、気にしても仕方がないということを学習したというのか・・・

こんな知恵、つかない方が幸せだったはずだけれど、まぁこれもまた人生。
♪あぁ~ 川の流れのように~♪ということで、明日はひばりさんでも
脳内ヘビーローテーションしながら、AIHを受けてこようと思いまーすっ

復活&思ひ出

昨日、ひさしぶりに発熱した私でしたが、今朝になったら
36度5分台まで下がっていました~っ
昨夜から一度も起きずにぐっすり寝られたのがよかったのかな。

だいぶ具合は良くなってきたものの、あまり調子に乗ると絶対にまたぶり返すので、
今日は16時頃まで 顔も洗わずテレビを見ながらゴロゴロしてました。

風邪の状態は、
 熱+喉痛+頭痛 → 鼻声+たまーに喉痛+たまーーにズキンと後頭部痛
にシフトした模様。これならなんとか明日の仕事にも行けそうだ。
明日は「笑顔ふりまきマスコットガール」に扮して乗り切ろーっと。



さて。風邪を引いて寝込んだりすると、決まって思い出すことがある。

私は1993年の夏から1994年の初夏まで、アメリカはネブラスカ州という
もンのすごい田舎で大学生をしていたことがある。
そこでは、3つ年下のアメリカ人・ステイシー(身長190センチ)と一緒に、
大学寮の6畳強の部屋で暮らしていた。

一度、ステイシーと私が同時期に熱を出して寝込んだことがあった。
日本では熱を出すと温めて熱を出し切らせようとするが、アメリカはその逆。
まず「ポップ(炭酸飲料)を飲め」と勧められ、窓を全開にされた。
「なんで?」と問うと、「冷やさないとダメだから」と。

一日中寝ていたら、今度は友達が勝手に部屋に入ってきて、
「病気臭い!!」と叫んでドアを開け放って行った。。。

病人に対して「病気臭い」とは、何たる言いよう!へこむよなぁ・・・
と思ったが、郷に入りてはなんとやらで 従わざるを得なかった私だった。

こないだの映画もそうだったけれど、常識だと思っていたことも
ところが変われば非常識になりうるんだなぁ・・・と思った 若き日の のび蔵でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。