のんびりのび蔵の縁側日記 2013年07月
ぷろふぃーる

のび蔵

Author:のび蔵
 
亥年 師走生まれの 専業主婦。
子年 神無月生まれの ダンナと
8年間 お気楽な2人暮らしを
してきましたが、7年超にわたる
子待ち期間&治療を経て、ようやく
卯年 卯月生まれの ショウスケが
我が家に仲間入りをはたしました!
さらに巳年 文月生まれの双子女児
ヒトエ&フタエも加わり、一気に
5人家族になりました!!


笑い、音、本、草花、旅を
こよなく愛する平和主義者。
自称 癒し系ですが、
よく毒も吐いてます♪

おちゃらけた毎日と テンパリ母の
奮闘記を付けていきます。

過去記事は治療記録が中心です。
こちらも どなたかのお役に立てれば
幸いです。コメント・質問等も大歓迎♪


*遊びにきてくださって
  ありがとうございます*


※このブログの趣旨にそぐわない
CM・TBにつきましては、管理人の
判断により削除させていただきます
ので、あしからずご了承ください※
 

かれんだぁ&月別アーカイブ
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書いてみました
コメントありがとう
トラックバックありがとう
かてごりー
あそびにいってま~す
いらっしゃいませ~

お立ち寄りありがとう~
現在  名様!
あなたの町のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きくなーれ♪
リンク
いくつになったの
KID'S 時計 **THOMAS**
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
のび蔵への極秘連絡はこちらまで♪

名前:
メール:
件名:
本文:

もらっちゃおう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれました!!

ご報告が遅れましたが、昨日正午前に 無事2人の女児を出産しました。

心配には及ばず、長女は2510g 次女は2540gの立派な大きさで、はじめから新生児室に入れてもらうことができました。
帝王切開児におこりがちな呼吸のトラブルなどもなく、今日の昼間にモニターも取れ、私の部屋にも連れて来られるようになりました。唯一 次女に低血糖症状が一度ありましたが、点滴で回復しました。

応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました~m(._.)m

昨日、手術室から保育器で運ばれてきた娘たちです。奥が長女で手前が次女。娘たちが大きすぎて 1つの保育器ではビチビチに狭かったようですが、そんな中で仲良く手をつないでいたとか♪



ショウスケも妹たちと対面しましたが、状況がわからなかったか ポカーンとしていたみたい(笑)

今日は「あーちゃん」「小さい」、また置いてあった空の保育器を見て「(中に)いない」と言っていました。まぁ、ゆっくり慣れていってね~っ
スポンサーサイト

いってきます!!

おはよーございます。
いよいよ出産当日、ただいま最後のモニター中です。

今朝は3時過ぎに目を覚ましてから2時間半ほど寝られなくなりました…。図太い私もさすがに緊張したかしら!?

さて。どんな子たちに会えるのか、そして自分のやられっぷりは如何ほどか、諸々楽しみにしています(笑)

昨日 記念に腹囲と子宮底長を測ってもらったら、腹囲は101.3cm、子宮底長は43cm。1mかぁ、もっとあるかと思ってたよ~。
ちなみに今朝の体重は15.14キロ増しでした。

手術用の点滴も刺してもらったし、荷物もほぼまとめたし、あと心配なのは腹具合かな。ここ1週間近く、お腹がゆるくて…。出ないよりはマシだけどさぁ。

おっと、どんどん話が逸れていきそうなので、この辺りで止めます。

最後に食べ物フェルトマスコット4連発をどうぞ~(え!?ますます関係ない?)







では、いってきます!!


これがドスコイ妊婦だ!!

みなさまコニャニャチハ。

前回「拍手してもらえない…」なんて書きましたら、その後沢山の拍手を頂きました!!ありがとうございます~。いやらしいことを書いて、どうもスミマセン(汗)

さて、あと2日で正期産に入ります。
産前最後になるであろう今日のエコーでは、左下ちゃんが2380g、右上ちゃんが2455gだそうで、これくらい体重があればGCUではなく 通常の新生児室に入れるとか。どうか今日の測定よりも大きく生まれてくれますように~っ

正期産に入る日は、ちょうど入院して3ヶ月の日にもあたります。
まさかの3ヶ月。季節をまたいでこんなに長いこと入院するなんて、思ってもみませんでした。
2人目妊娠での長期入院は 上の子の存在が大きく、1人目の時の気楽さ加減とは全然違いましたね。
本当に、ショウスケをみてくれている家族には感謝してもしきれません。ありがとう!

また退院したら、できるだけショウスケを気にかけて、彼が疎外感を味わうことがないようにしなくちゃ。

さて、今日ダンナとショウスケがお見舞いに来てくれたので、より現実に近い写真を撮ってもらいました。ドスコイ妊婦の腹の大きさが、伝わるかな~?

臨月に入りました~♪

昨日で、無事に臨月に入りました~っ!!

割と早い時期から先生に「持たないかも」「早く生まれるかも」などと言われてきたけれど、まぁ 私は最初から36週まで頑張れると思ってたわよ~(急に強気)

ここまでくれば、だいぶ肩の荷が下りた気がします。双子たちも2300~2500gだそうで、だいぶ大きくなってくれたしね。ただこないだのエコーは、今回の妊娠で初めて当たってしまった せっかちハァハァテキトウ先生がやってくれたので、かなりマユツバものですが…(泣)

そんなこんなであと1週間。お腹周りの靭帯や背中の痛さと 双子たちからの蹴り攻撃と ちょっと歩いただけで息が上がって辛いのと 病棟の暑さと 寝られない苦しさとで、もう明日にでも生んでしまいたい気分マンマンではありますが、ここまで耐えたんだから あと1週間くらい我慢して、ちゃんと正期産に入ってから出てきてもらいたいと思います。もう少しの辛抱、頑張ります。。

さて、写真はおとといのワタシ。

これで見ると全然お腹が出ているようには見えないんですが、実際はお腹周りとお尻が別な生き物みたいにまあるくなっています。産後どれだけ戻るのか、今からかなり怖いなぁ。。


※前回の記事に拍手がないところをみると、私の感覚の方がおかしかったのかな~と、いま反省?しているところです(笑)

感覚が違うぜ…

蒸し暑くなってきましたね~っ
みなさん、夏らしいことしてますか~っ!?

ただでさえウテメリン妊婦で暑いというのに、ここの産科の大部屋はクーラーが殆ど利いていないので、数少ないアイスノン(しかも回転率が早すぎて凍ってない)を死守して枕代わりにし、うちわでしのいでいます…。本当に茹だりそう(滝汗)

さて、今日の本題。
色々なケースの患者さんが集まってくる ここH大病院でも、入院期間が3ヶ月超という人はなかなかいないようなのですが、その私なんかよりもっと大変そうな方が入ってこられましてね。

その方は妊娠がわかってすぐに入院されたのですが、持病があるので治療も手探りで、もしかしたら入院期間が8ヶ月くらいになるかもしれないのだそうです…

しかも過去に第1子を妊娠7ヶ月頃に亡くされていて(それは持病とは無関係だったそうですが)、病院側もますます慎重にならざるを得ないようで。

そんな彼女、いまつわり真っ最中で、とても辛そう。病院食なので食べられるものが出てくるとは限らず、食べられそうなものをご主人にリクエストして買ってきてもらっているようです。ご主人はちょこちょこ面会に来ているしマメそうだなぁ…なんて思っていました。

さて。その彼女とご主人のパスポートの期限が、最近切れたんだそうです。彼女は長期入院になるし、退院後すぐに旅行に行ける訳もないので、しばらく取りに行くことはないなぁとご主人に話したところ…
ご主人は「自分は取りに行く」と言ったのだそう。さらに「今年は○○に行きたいし」と。

えーーっっ!? 身重の奥さんが頑張って長期入院している間に、1人で海外行っちゃう!? しかも最初の子を亡くしてて、旅行に行こうと思うかね!?

たしかに、ご主人がいたところで奥さんの精神的支えになるくらいしか役目はないですよ。居たって居なくたって、治療にはなんの影響もありませんよ。私も別に精神論を振りかざそうという訳じゃないですよ。
それでも、行って楽しめちゃうその感覚が、私には理解できないんですよね~。

まぁ、奥さんは「信じられない感覚してるけど、そういう人だから~」と淡々と話していたから、他人がとやかく言うことじゃないんですけどね~。

とにかく驚いた話でした。
えっ、もしかして私の感覚の方が普通じゃない!?



※鍵コメさん、応援してくださってありがとうございます!! 幽閉期間もあと少し。頑張りまーす(笑)※

闘ってます。

35週を越えました~。

双子たちはいよいよ進出する場所もなく、母の腹の中で狭そうにしています。

左下ちゃんは与えられた持ち場で手足を存分に動かして私の横腹を波打たせ 心音を聞きにきてくれる看護師さんにいつも笑われているし、右上ちゃんは与えられた場所だけでは飽きたらず とにかく私のあばら骨に負荷をかけ続けてくれています…

たいてい2人同時に暴れてくれるのですが、とにかく母は苦しーっ!この攻撃にはひたすら耐え忍ぶしかありません。

先生にも「もうこの時期から出産までは、赤ちゃんたちとお母さんの闘いですから~」と言われマシタ。あと、今後はエコーでももう正確な大きさを測ることはできないそうです。って、左下ちゃんはだいぶ前から測れてなかったんですけど(苦笑)!!

母の体重にも劇的な変化が。
入院してしばらくは、規則正しく且つ制限された食事のおかげか、体重が少し減ってから微増しかしない日々が続いていたんですが、6月に入ってからというもの…
なんと、1週間1キロペースで増え始めた!!

おかげさまで、あっという間に妊娠前と比べて12キロ増ですよ!!!
毎日体重計に乗っては驚きの声を上げてます…

むくみもなく血圧も変わらず、血糖値も最近は低いくらい。とにかくお腹だけがラストスパートの如く前にせり出してきただけなので、病院側からも何も言われていません。でもこの調子なら最終的には15キロくらい増えてそう…。ちゃんと戻るかが不安だわ…(苦笑)

そうそう血糖値といえば、インスリン注射の効きめがありすぎたのか、最近 逆に低血糖に陥ることが出てきまして。低血糖症状がひどくなると 急に気を失ったりすることもあるそうですが、今のところ私は汗をかく程度なんです。しかも冷や汗なのか 点滴と妊娠のせいで本当に暑くて汗をかいているのかも判断できないというマヌケっぷり。それでも血糖値が40まで下がることが1日に2回もあり、2回ともブドウ糖を注射してもらって危機を脱しました。

産科としては血糖値は多少高くても仕方がないと考えるようですが、内科の先生は微調整しながらガッチリ血糖コントロールをするところがあるようで。前回のショウスケの時は それでも妊娠が進むにつれ血糖値がどんどん上がっていったので分かりやすかったのですが、今回はちょっと様子が違うようで、インスリンの量も種類も減りました。私も 血糖値がちょうどよくなるように気をつけながらオヤツを食べています(笑)

とにもかくにも あと2週間。
もう二度と経験できない貴重な経験と噛みしめつつ、身体内暴力に耐えたいと思います!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。